バイクこそETCをつけるべき4つの理由と導入までの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バイク etc

雨の日の高速道路の料金所。

車なら窓を開けて一瞬で済みますが、バイクはというと、料金所で一時停止をして、グローブを外して、財布を探して…濡れた手でのグローブの脱着はとにかく時間がかかるし、車と違ってなんでこんなに面倒なんだ。

支払いが終わったと思えば、時間がかかってしまったことにより、後ろに車の長い列。早く出発しないと、と焦りながら料金所を後に…もう料金所の支払いなんかうんざりだ!
バイクに乗る方なら一度はこんな経験があるのではないでしょうか?

バイクユーザーに高速道路を快適に使ってもらうために、ETCを取り付けるべき理由や料金・取り付けの仕方など詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

バイクにETCをつけるべき4つの理由

高速道路を利用する際に、冒頭でもお話ししたように、バイクほど料金所の支払いが面倒なことはないですよね。
高速道路ちゃんプロジェクトとしては、高速道路を利用するバイクユーザーはバイクにETCを付けることをオススメします。以下は、4つの主な理由となりますので、1つずつみていきましょう!

時間帯によってETCの割引が効く

「深夜割引」や「早朝夜間割引」、また「通勤割引」など、ETCを利用すれば高速道路の通行料金が割引になるケースがたくさんあります。
割引メニューは高速道路によって様々で、よく利用する高速道路の割引を事前に調べておけば、お得に利用することができます。詳しくはコチラをご覧ください。

料金所がスムーズに通過できる

ETCなら速度を落として通過するだけなので、現金で払うより、時間がかからず、料金所の支払いがとても楽になるので安全な通行ができます。また、わざわざエンジンを停止する必要もないので環境にも優しいですよね。

ETCマイレージポイントが貯まる

高速道路の料金支払いとして使うことができるお得なポイントを貯めることが出来ます。
高速道路の会社によってポイント還元は異なります。おおよその例ですが、100Pで200円分、1000Pで8,000円分が還元されるという非常に還元率が大きいポイントカードです。

登録するだけなら無料で、損をすることがないので、高速道路を良く利用する方は、登録をオススメします。詳しくはコチラをご覧ください。

スマートインターチェンジが使える

スマートインターチェンジとは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップから乗り降りが可能なインターチェンジのことを指します。

スマートインターチェンジを利用することにより、インターチェンジ間が短くなり、短距離で高速道路に進入できるようになります。バイクや車を含む、ETCを搭載した車両のみが利用できる画期的なシステムです。

ETCを選ぶ2つのポイント

バイクのETCをつけるべき理由が分かったところで、次は、ETCを選ぶ際の2つのポイントについて見てみましょう。

後ほど「ETCを設置するまでの流れ」でご説明しますが、車載器の購入はバイクのハンドル位置に合うか合わないかなど車種によって取り付けられる機械が異なりますので、取り付け作業までは、専門店で行うことをオススメしています。

ここからは、事前知識として選ぶポイントについてみておきましょう。

安さを重視する

バイクのETCの場合、商品はどれもほぼ同じでデザインや機能もそこまで変わりません。
ETCのゲートだけがスムーズにくぐれればいいだけなので、安さを重視すると良いでしょう。

分離型を選ぶ

車載器には、カードを入れるアンテナが本体と一緒になっている一体型とアンテナと本体が別々になっている分離型の2種類があります。
車載器本体を施錠できる場所に設置ができるので、わざわざバイクを離れるたびにETCカードを取り外さなくて良いので、セキュリティ面やコンパクトな見た目を考えると分離型を選ぶ方が良いでしょう。

一体型は、分離型と違い、バイクを離れるたびにETCカードを取り外して持ち歩かなければなりません。少し面倒ですが、取り外しをしないとカードが盗難にあうことがあります。また人によりますが、ハンドル周りに装着すると、車載器が少し大きめなので、目障りに感じられることもあります。

また以前は、一体型の値段が安く、分離型の値段が高かったため、一体型が人気でした。しかし今日、分離型の値段が安くなり、セキュリティ面や見た目の部分から分離型が主流となってきました。

オススメのETC3選

車載器の相場は、車より高く約2万円〜高いものだと3万円以上します。
値段もそうだし、たくさんある車載器の中からどれを選べば良いのか迷われている方のために、今回は全国に店舗を構えるバイク用品専門店の2りんかんのスタッフさんにオススメの車載器について伺ってみました。

後ほど「ETCを設置するまでの流れ」でご説明しますが、車載器の購入はバイクのハンドル位置に合うか合わないかなど車種によって取り付けられる機械が異なりますので、取り付け作業までは、専門店で行うことをオススメしています。

ここからは、事前知識として3つのオススメのETCについてみておきましょう。それぞれどんな特徴があるのかを事前知識として見ておきましょう。

MITSUBA『MSC-BE51』

MSC-BE51

出典:http://www.mskw.co.jp/

車載器の売り上げのほとんどがこの商品と言っても過言ではないほど、大人気の商品です。
人気の理由はなんと言ってもその安さで、分離型の車載器の相場が約2万円前後と言われてきた中で、約16,800円と相場を下回る値段設定で一気に火がついた商品です。値段もそうですが、コンパクトな設計のため、初めてバイクにETCをつける方にもオススメの商品です。

MITSUBA『MSC-BE51W』

BE51W

出典:http://www.mskw.co.jp/

MSC-BE51の最新機種になります。従来のBE51との違いは、アンテナにETCカードが入っているか入っていないかのインジケータランプがもう1つ追加されたことです。インジケータがより見やすく、カードの入れ忘れを防止するためBE51との部品共通性を高め、約18,500円とこちらも値段が相場より安くなっています。

日本無線『JRM-11』

jrm11

出典:http://www.jrc.co.jp/

車載器本体、アンテナ、インジケータの3ピース構成となっています。車載器本体をシート下に収納し、アンテナとインジケータのみをハンドル周りに別売のステーで設置します。約2万円弱と少し高いですが、ハンドル周りをスッキリさせたいお客様には最適です。またイージケータを見やすい場所におけることもメリットです。

ETCを設置するまでの流れ

ここまでETCの車載器の選び方やオススメの車載器をみてきました。次は、ETCを設置するまでの流れをみていきましょう。
結論から申し上げますと、ETCの設置(車載器の購入・セットアップ・取り付け作業)までは、専門店で行うことをオススメします。

理由としては、バイクの場合、ETCゲートと通信をするアンテナが正しく反応しなければ、ETCゲートが開かず、一歩間違えれば大惨事になる可能性もあります。またバイクのハンドル位置などにより、つけられる車載器が異なるためです。

この点から、正しい知識を持っているプロに、自分のバイクにあった一番良い車載器を選んでもらい、設置までをしてもらうことが良いでしょう。

セットアップを行ってくれる専門店

バイクに新しくETC車載器を取り付ける際には、セットアップという作業が必要となります。セットアップとは、ETC車載器本体に取り付ける情報を書き込む作業で、これをしないとETCのバーがあきません。

セットアップは専門店のみで行われており、右のステッカーがセットアップ・ETCの取り付けまでを行っているお店の目印となります。お近くの専門店は、コチラで探しましょう。

また車載器の購入やセットアップなど全てを行ってくれる専門店です。ぜひご覧ください。

バイク用品専門店ナップス
オートバイ用品専門店2りんかん

セットアップからETC取り付け完了までの流れ

車載器を購入したときに購入店舗でセットアップおよび取付までの一連の作業を実施してもらえるので細かい部分までを完全に理解する必要はありませんが、この章では、セットアップ完了までのおおよその流れとセットアップ時に必要となってくる物を見ておきましょう。

1.申込書に必要事項を記入し、申込みをする

必要なもの
・車検証
・軽自動車届出証
※250cc以下のバイクは、登録証(軽自動車届出済証)が必要です。

2.セットアップする店側で、申込書に記載された自動車やバイクの車両情報を元にITS-TEAへ申請を行う。

3.ITS-TEAは、セットアップ店から送られてきた情報を暗号化して車載器セットアップ用データを作成し、セットアップ店に返送する。

4.セットアップ店は、ITS-TEAから受け取ったデータを使用してETC車載器のセットアップを行う。

5.利用者はセットアップされた車載器とセットアップ証明書を受け取る。
注)ITS-TEAとは、ETCシステムやETC技術を開発・管理・運用している団体のこと

セットアップまでの流れ

出典:http://www.go-etc.jp/

事前に確認しよう!セットアップにかかる時間

セットアップには2種類の申込み方法があり、申込みからセットアップ完了までは約3日~1週間、ETC本体の取付時間はETCの種類・車種により取付作業時間が異なります。まずは、事前にお店に確認しておきましょう。

オンラインセットアップ店
情報発行元(ITS-TEA)とセットアップ店の間で、セットアップに必要な暗号化された情報をオンラインで送受信します。セットアップ店でETC車載器をクルマに取付け加工している程度の時間でセットアップできますので、ETCカードがあればお申込み当日からETCが使用できるようになります。

オフラインセットアップ店
情報発行元(ITS-TEA)とセットアップ店の間で、セットアップ情報の伝達をFAXまたは郵送でやり取りします。そのため、セットアップ申し込みから完了まで、おおむね1週間程度の時間がかかります。

出典:http://www.go-etc.jp/

注意点

取り付けるバイクが変わった・ナンバーが変わった際には再セットアップをしましょう

ナンバープレートの変更や車種変更、ETC車載器が付いた中古車両を購入または、譲り受けた場合は、必ず再セットアップが必要となります。
再セットアップは専門店に行き、車両情報を書き変えましょう。専門店は、コチラで確認できます。

バイクにETCをつける際はバイク専用のETCをつけましょう

車用の車載器をバイクに設置することは、誤作動を引き起こし通信エラーとなりETCの開閉バーが開かないなどの危険性が高まりますので、バイク専用の車載器を必ず取り付けましょう。例え、軽自動車用であっても設置してはいけません。

車用の車載器は、車内につけるものであり、バイクが外付け仕様で防水に優れている点と違い、水に濡れてしまうと壊れる可能性があります。また、ナンバープレート情報など、取り付ける車両情報をセットアップの上、通信処理を行っているため、バイクと車の登録情報が異なることにより、ETCで行っている利用照会サービスやマイレージサービスへの登録等、各種サービスの利用が出来なくなります。

ETCカードは車両によって変える必要はありません

車両に問わず、ETCカードは1枚あれば十分です。ETCの支払いはETCカードの名義人に課金されるため、バイクや車など車両が違うからといって、ETCカードを変更する必要はありません。
また、レンタカーなど自分の車ではない場合でも問題はなく使え、それはバイクでも同様になります。

まとめ

いかがでしたか。高速道路をよく利用するバイクユーザーは、運転を楽しむためにもETCをつけることをオススメします。
遠出することがより快適で楽しくなるはずです。この機会にぜひお近くの専門店に足を運んでみましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。