ビジネス利用でもオトクに!法人ETCカードおススメ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
etc 法人カード

2006年5月に新会社法が制定され、株式会社を設立しやすくなったことは皆さんご存知ですよね?

これ以降、社長だけの株式会社、いわゆる一人会社がかなり増えました。また、法人化はしていないけれど屋号で活動する「個人事業主(フリーランス)」の数も、増加の一途をたどっています。今や日本の労働人口全体の40名に1名はフリーランスだと言われているほど。自由に働きたい!と考える労働者の意識変化に伴って、今後はもっと増加していくことでしょう。

さてさて、自由はもちろん素晴らしいのですが・・・現実問題として、ひとり社長や個人事業主の悩みのタネは経理処理。税理士さんに委託できれば別ですが、起業間もない会社や個人事業主では、まだそこまでゆとりがないというケースも少なくないと思います。特に、旅費交通費の精算は手間がかかりますよね~。高速道路を頻繁に利用すると領収書がたまってしまったり、紛失してしまったり、仮払いや精算などなど・・・ぶっちゃけ、ホント面倒(涙)

でもその悩みは、ETCカードがズバッと解決してくれます!法人ETCカードを利用すれば、業務上の面倒な経理処理から解放される上、様々な割引特典が受けられるんです。ちなみに「法人カード」という名称ですが、会社を登記していない個人事業主の方も利用できます。これはチェックですね!

ぜひこの記事を参考に、法人ETCカードの導入をご検討ください!そして(あの面倒な)旅費交通費の精算から解放されてください!他にもっと時間をかけたい仕事がありませんか?あなたの大切な時間は、もっと有意義な業務に充ててほしい・・・いや、充てるべきなんです!車での出張、営業、輸送などで高速道路を頻繁に利用する会社の方、必見ですよ~。

スポンサーリンク

1.法人向けのETC専用カードって、どんなもの?

法人向けのETC専用カードをおススメするからには、もちろんメリットがあります!法人ETCカードを利用する際の主なメリットはこの3つ。

・経費管理がラクになる
・割引サービスが受けられる
・ポイントが貯まる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1.経費管理が断然ラクになる!

個人でETCカードを利用している方はお分かりかと思いますが、ETCカードを利用すれば、いつ、どこで、いくらの高速代が発生したのか、利用明細を確認すれば一目瞭然です。

1か月分まとめて支払いができる上、自分で集計などをする必要もありませんので、管理がとってもラクになるんです。

例えば、営業車を5台使っている会社でETCカードを導入していなかったらどうなるでしょう?

毎日出てくる5台分の高速代の領収書と、誰がどこへ行って、いくらかかったのか、勤務表か何かと突き合わせて確認して、仮払いか立替払いの精算か、とにかくお釣りなく現金を用意して・・・って、いやもう勘弁してください(涙)

法人ETCカードを導入していれば、従業員に現金を渡す必要もなくなるのでその種のトラブルを避けることができます。

信用していないわけじゃないけれど、落としてしまったり、勘違いや、お釣りが合わないなんてことも無きにしも非ず。日々の業務の中では、現金のやり取りは極力避けたいものです。

個人のETCカードで支払っておいて後で清算するという方法もありますが、その都度、利用証明書をもらって会社に提出して、立替払いの精算をして・・・これこそまさに面倒の極み!

法人向けのETC専用カードを使えば、会社としての経費と個人支出を明確に分けることができます。個人事業主の方は特に、確定申告書作成時の手間が格段に省けますよ!

1-2.各種割引サービスが受けられる!

ETCカードを利用して高速道路を走行すれば、時間帯による通行料金の割引が受けられるなどメリットがいっぱいあります。

深夜割引や、土日も関係なくお仕事している方なら休日割引も適用されます。また、法人ETCカードも一般的なETCカード同様、ETCマイレージサービスに登録することができるので、利用する路線や利用回数によっては平日朝夕割引も適用されます。

個人にしろ法人にしろETCカードは、もはや「持っていないのは損だ」と言えるレベルです。現金払いの一般レーンを通行している場合じゃありません、これは本気で見逃せませんよ!

各種割引サービスについてはこちらで詳しくご紹介しています。

深夜に頑張る運転手さん必見!1年中使えるETC深夜割引
高速料金が30%OFF!賢くお得に使おうETC休日割引
高速料金が無料?ETCマイレージサービスの登録方法まとめ

1-3.クレジットカード機能のついたETC法人カードなら、ポイントも貯まる

法人ETCカードには、クレジットカード機能がついたものと、ついていないものがあります。

もしクレジットカード機能付きの法人ETCカードを使うとしたら、業務で毎日使えばかなりのポイントが貯まる可能性があります。たとえ還元率が微々たるものだったとしても、けっこうな額の還元が見込めるかも・・・塵も積もれば何とやら、ってやつですね。ぜひ積もらせましょう(笑)

2.おススメの法人ETCカードはコレだ!

法人でもETCカードを導入すべきメリットは、だいたいお分かりいただけたでしょうか。法人用・個人事業主用として使えるETCカードはたくさんあるのですが、大きな分類としては

・クレジット機能がついている
・クレジット機能がついていない

に分けられます。それぞれの特徴と、おススメのカードを見てみましょう。

2-1.クレジット機能がついている法人ETCカード

クレジットカード会社が発行する法人向けのETCカードは、親となる法人名義のクレジットカード「法人カード」に付帯して、法人ETCカードを発行するスタイルになります。

個人でETCカードを作る場合も、自分名義のクレジットカードに付帯してETCカードを発行するのですが、これは個人も法人も同じですね。ETCの通行料金は、親カードである「法人カード」の登録口座から引き落とされます。

「法人カード」はいろいろなクレジットカード会社が発行していますが、ほとんどの「法人カード」で法人ETCカードも発行することができます。

法人ETCカードそのものの機能に差異はありませんので、親カードである「法人カード」の機能や特典を比較してみることになります。クレジットカード会社が発行する法人ETCカードの主なメリットは、

・「法人カード」のポイントが貯まる
・「法人カード」に付帯している旅行傷害保険や各種優待サービスを受けられる
・年会費等が完全無料で入手できるものもある
・WEB管理画面でカードごとの利用状況確認ができる
・デポジット(出資金)は不要

となります。デジポットとは、入会時に法人ETCカードの発行元団体に支払う出資金(保証金)のようなものです。

退会時には返金されるので、預けておくイメージですね。発行元がクレジットカード会社の場合は、デジポットは不要です。

2-1-1.EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)

EXカード申し込み

出典:http://www.orico.co.jp/

EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)は、オリコが提供している法人経営者向けのゴールドカード。

いやいやうちは一般カードでいいよ、なんておっしゃらずに!このカードの大きな特徴は、年会費が初年度は無料、次年度以降も2,000円(税別)。一般カードと1,000円も変わらないなんて、ゴールドカードにしてはお安いですよね?

ポイント還元率も0.5%と法人カードの中では高めです。iDとQUICPay、2つの電子マネーも付帯されているので、使い勝手の良さは抜群!ポイントが貯まりやすいですよね。法人カードの追加カードは3枚まで発行可能。社長と役員2~3名という規模の法人で持つにはピッタリのスペックです。

ゴールドカードの割に年会費がお安めなのですが、特典の方はキッチリしていますのでご安心を!

宿泊、レンタカーなどの優待や、ビジネスグルメオファーでのレストラン優待、ビジネスシーンでの様々な特典が用意されています。海外の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスの年会費優待もありますよ。

法人ETCカードは年会費永年無料、しかも発行枚数無制限です。これならもう、何も言うことはありません(笑)

申し込みの流れ

(1)申し込みフォームから必要事項を入力する
※個人事業主と法人で入力画面が異なります。
(2)審査
(3)審査に通れば、申込書類が送られてくる
(4)申込書を記入し、必要書類とともに返送する
(5)カードが郵送で届く

2-1-2.ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード

ライフカード法人

出典:http://www.lifecard.co.jp/

ライフカードビジネス(法人カード)は、ライフカードが提供している個人事業主・法人経営者向けの法人カード。

最大の特徴は、年会費が永年無料で入手できる希少な法人カードだということです!法人ETCカードも年会費無料、枚数無制限で発行できます。利用限度額は最高500万円と高い設定のため、これ一枚あれば高額な経費利用にも対応できます。もう本当に、完全無料で法人ETCカードを持つことができるんです。これはうれしいですね!

ただし、ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードは、クレジットカードのポイントはつきません。とにかく年会費を無料で法人カード、法人ETCカードを入手したい方に向いているカードだと言えそうです。

申し込みの流れ

(1)オンライン申し込み画面から、必要事項を入力して申込書をダウンロード
(2)申込書を記入し、必要書類と共に送付
(3)審査
(4)郵送でカードが届く(約2週間で発行されます)

2-1-3.JCB一般法人ETCカード

JCBカード法人

出典:http://www.jcb.co.jp/

こちらは法人・個人事業主にもっとも浸透している定番カードだと言えるかもしれません。

大きな特徴は法人カードの年会費が初年度無料で、次年度以降も1,250円(税別)と比較的安価で入手できるという点です。やはり年会費の類は少しでも安い方がいいですよね!

そして、ETCカード(ETCスルーカードN)は、基本的に何枚でも年会費無料で発行OK!保有している車両1台ごとにETCカードを発行したいような場合に便利ですね。ETCカードの利用料をJCBクレジットカードに一本化することで、入金作業の手間が省け、振込手数料も削減できるというわけです。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%。貯まったポイントは、キャッシュバックやギフトカードに交換できます。それだけじゃありません!WEB明細、チケットレス国内出張、アスクルサービスや会計ソフト等のビジネスサポート優待サービスも備えているんです。

年会費がお安い割に、これはなかなか充実していると思います。コスパが良い法人カードだと言えそうです。

申し込みの流れ
Step1:「ETC/JCB法人カード」を作る

(1)ウェブサイトの専用フォームに必要事項を記入して申し込みます。
このとき、MyJCBに入会しておくと後でETCスルーカードNが簡単に発行できます。
(2)申し込み完了メールが送られてきます。
(3)審査が行われ、結果が通知されます。
(4)入会申込書が届いたら、必要書類を同封して返送します。

【必要書類】
・支払いに利用する口座の通帳番号を確認できるもの
・代表者(個人事業主)本人を確認できる書類(運転免許証などの写し)
・法人確認書類(登記簿謄本、登記事項証明書などの写し)

(5)法人カードが発行され、登録住所に郵送されます。
※ETC/JCB法人カードを新規で申し込む場合、同時にETCスルーカードNを申し込むことはできません。

Step2:ETCの精算にのみ使える「ETCスルーカードN」を作る

(1)MyJCBに入会している場合は、公式サイトの専用フォームに必要事項を記入するだけで申し込むことができます。
未入会の場合は下記より「ETCスルーカードN 入会申込書」を請求します。

JCB法人問い合わせデスク(入会専用)
0120-833-623
0570-00-3332(スマートフォン・携帯電話用/有料)
※受付時間 9:00AM~5:00PM(日・祝・年末年始休)

(2)入会申込書が送られてきたら、必要事項を記入して返送します。
(3)ETCスルーカードNが郵送されます。

2-2.クレジット機能なしの法人ETCカード

起業したばかりの新しい会社や、クレジット審査が不安な個人事業主の方にお勧めなのが、協同組合が発行している法人ETCカード。

こちらはクレジット機能が付いていないため、ETCカードを作るための審査がないんです!必要書類を提出するだけ。その変わり、各協同組合に加入するにあたりデジポット(出資金)、一部手数料が必要になります。

クレジット機能なしの法人ETCカードを利用する主なメリットは

・クレジットカードのような審査がない
・デポジット(出資金)を支払えば、起業間もない会社や赤字を出していても作成できる

ということです。

クレジットカード会社の法人ETCカードに比べ、カードに付帯するサービス等は特にありませんし、手数料で結局は割高になってしまうのがデメリット。あとで返してもらえるとは言え、デジポットを預けなくてはならないのも微妙です。

クレジットカードの審査に不安があるという場合向けだと言えます。ここでは、クレジット機能がついていない種類の代表的な法人ETCカードをご紹介します。

(1)ETC協同組合 法人ETCカード

ETC協同組合 法人ETCカード

出典:http://www.kousoku-j.jp/

ETC協同組合が発行している法人ETCカード
は、どの車でも利用可能なのが特徴。

レンタカーなどでも大丈夫で、車両による制限はありません。法人もしくは個人事業主も申し込みができます。カード発行には、ETC協同組合に加入しデジポット(出資金)を預ける必要がありますが、これは退会時に返金されます。高速道路専用のETCカードなのでショッピング等には利用できません。カードスペックは以下の通り。

年会費:無料
発行手数料:864円(税込)/1枚
取扱手数料:864円(税込)/1枚(年1回)
出資金(脱退時返金):10,000円/1社
請求書作成、信販会社への立替保証などに伴う手数料:毎月の走行金額の5%
登録車両1台につき、必要枚数の発行が可能。

クレジット機能はないので、月末締め翌月20日頃に請求書が届きます。これに基づき翌々月5日に口座振替で支払うスタイルとなります。
組合規定により、マイレージサービス登録は組合にて実施し、各自で行うことはできません。

申し込みの流れ

インターネットから申込みをして、必要書類を用意するだけ!ETC申請書は後日郵送で送られます。

【必要書類】
・履歴事項全部証明書(法人・3ヶ月以内のもの)、または所得税確定申告書(個人事業主・税務署印のあるもの):どちらも写しでもOK
・車検証(写し)
・ETC車載器セットアップ証明書(写し)

申込から10日程度で発行されます。

(2)高速情報協同組合 法人ETCカード

高速情報協同組合が発行している法人ETCカードです。こちらも車両名義に関係なくどの車でも利用可能となっています。発行枚数は無制限で、法人および個人事業主が申し込むことができる法人向けのETC専用カードです。カードスペックは以下の通り。

年会費:永年無料
カード発行手数料: 540円(税込)/1枚
取扱手数料 540円:(税込)/1枚(年1回)
出資金(脱退時返金): 10,000円/1社
諸手続き・立替保証などに伴う手数料: 毎月の走行金額の5%

高速情報協同組合がETCマイレージサービスを登録し、その管理を行うので各自での手続き等は不要です。月末締め翌月20日頃に請求書が届き、翌々月8日に口座振替にて支払うスタイルとなります。

申し込みの流れ

(1)公式サイトのメールフォームに必要事項を入力して申し込みます。
(2)加入申込書が送られてきます。
(3)申込書に必要事項を記入し、添付書類とともに返送します。

【添付書類】
①公的書類
法人の場合は商業登記簿謄本(3ヶ月以内のもの 写し可)
個人事業者の場合は所得税確定申告書(税務署印のあるもの、写し)、個人事業税納税証明書等
②車検証(写し)
③申請車両のETC車載器セットアップ証明書(写し)
④代表者の運転免許証もしくは健康保険証の両面コピー

(4)出資金を入金します。
(5)ETCカードが届きます(10日程度)

3.こんなのもあります!ビジネスシーンに役立つカード

法人ETCカード以外にも、ビジネスに役立つ機能を持ったクレジットカードをご紹介します。

3-1.ガソリンカード

JCBでは、前述のJCB一般法人ETCカード以外に、各ガソリンスタンドによって店頭価格で給油できる法人ETCカードを発行しています。

法人ETCカードを利用して高速道路に乗るということは、当然ガソリン代という経費もかかっています。どうせなら、ETCもガソリンもまとめて節約したい!と思いますよね。

例えば、JCB法人カードに給油専用エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードやスピードパスを付加発券することができます。全国のエッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションで店頭クレジット価格でキャッシュレスで給油できますよ。エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード年会費はなんと96円(税別)!これはちょっと期待できそうです。詳しくはこちらからご確認ください。

また、前述の「2-2 クレジット機能なし法人ETCカード」でご紹介したETC協同組合でもガソリンカードを発行しています。詳しくはこちらでご確認ください。

お持ちの法人ETCカードと組み合わせて、少しでも経費節減できるよう、経費処理の手間が省けるよう、ぜひ工夫なさってみてください!

3-2.ETCコーポレートカード

法人向けカードには、法人ETCカードのほかに「ETCコーポレートカード」があります。

どちらも高速情報協同組合が発行している法人向けのカードですが、ETCコーポレートカードは一般のETC割引よりさらに大きな割引率である「大口・多頻度割引」を利用するために発行されます。コーポレートカードという名前ですが、利用頻度の高ければ、法人に限らず個人でも申込みが可能です。

コーポレートカードは、運送業など車両を多数所有していて、なおかつ会社全体で高速道路の利用金額が多い企業向けのカードと言えます。

通常は適用範囲外となっている首都高や阪神高速道路でも割引が適用されたり、通常のETC割引+最大20%の独自割引が!これはマジで大きいですよね。カード1枚につき1車両が限定で登録される仕組みで、従業員の業務管理や車両管理などにも利用できます。

ETCコーポレートカードで、ETCマイレージサービスの申し込みはできません。車両がそれほど多くなく、高速道路の利用頻度もそこそこ、といった場合は法人ETCカードを利用した方が使い勝手が良さそうです。

詳しくはこちらでご確認ください。

5.まとめ

いかがでしたか?

高速道路を頻繁に利用する個人事業主や法人では、現金で処理していると、領収書がたまったり紛失してしまったり、仮払いや精算などなど・・・ぶっちゃけ、ホント面倒(涙)

でもその悩みは、ETCカードがズバッと解決してくれます!法人ETCカードを利用すれば、業務上の面倒な経理処理から解放される上、様々な割引特典が受けられます。

ぜひこの記事を参考に、法人ETCカードの導入をご検討ください!そして(あの面倒な)旅費交通費の精算から解放されてください!あなたの大切な時間は、もっと有意義な業務に充てることができるはずですよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*