ETCが泣いている!!今より便利な使い方を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
bus-01-01

ETCについて、あらためて考えてみると、色々もったいないのではないか?実はもっと有効活用できるのではないか。と言う疑問の元、ユーザー様にアンケートをして皆様の意見をまとめました。

それではどうぞお楽しみください!

そもそもETCは料金所の渋滞緩和目的に作られています。その項目だけに限ってはクリアしてはいますがただそれだけで終わっている機能といっても過言ではないと思います。ETCがあるから、ない人よりはお得、無い人はなんで持ってなかったのだろうと後悔する位のサービスをもっとするべきだと思います。

スポンサーリンク

規制をつけて安全!さらに 値引きでお得感を!

 

まずは速度制限について。現在料金ゲートは20キロ以下で走ってください となっていますが法律で罰する事がないのをいいことにこのスピードで走っている人は少ないと思います。高速を走り慣れている人は何キロでバーに当たらないかを知っているので限界までスピードを出して通り過ぎていきます。こういった危険行為からカードのさし忘れなどで急に止まった車に後続車が追突した事故は料金所では良くあることです。

ETCがなかったころは料金所での追突なんてほとんどなかったでしょう。これは間違いなくETCができたから起きる事故だと思います。便利で渋滞緩和になっているのも事実ですが、そこで20キロ以下で通り過ぎた車には割引をし、速度超過になればなるほど料金割り増しにしてはどうでしょうか?その場で値段を確定できるのがETCのいいところです、そうすると料金所でスピードを出す人は格段に減り、また割引があると高速道路を使う人も増えると思います。

 

ETCポイント付与でエンジョイカーライフ!

 

ETCでの高速道路利用で距離によってポイントをつけるといいと思います。金額に応じたポイントなどは普通の買い物でもありますが、距離によるポイントはいかにも車でのドライブしかできない芸当だと思います。一回の距離ではなく一日の距離をETCの通過した料金所から計算し、それに対してのポイントをつければ長距離や細かな高速道路の乗り入れする人にはうれしいですし、更に、高速道路を使う頻度も増えると思います。

 

ゲーム性を取り入れて、もっとETCを楽しむ!

 

ナビと連動して料金所を通過した時にルーレットが回り、当たると割引などゲーム性を持たせてもいいと思います。長距離になると何回も料金ゲートを通るので長距離で走る楽しみも増えますし、当たった人はまた当たるのではないかと長距離での高速道路を使う考えが増えると思います。

高速道路でのガソリン給油もETC連動でお財布要らず、ETCでの利用で何かの特典がつけば高速道路でガソリンを入れる人も増えるでしょう。

 

普段車に乗らないドライバーを呼び込む!!

 

一版道路においてもいろいろ特典をつけてETCを使うのも面白いと思います、駐車場の料金の支払いもETC,ショッピングモールなどの駐車場精算などがETC払いになると渋滞緩和になります、そしてここでもETCを使って精算させる意味をもたせます。ポイントが貯まると高速道路の料金にだけ変換できるなど、貯まったポイントは高速道路でしか使えない為、自然と高速に乗ります。何回か使っていると、普段使わない人も時間短縮を体で覚えるのでポイントがなくても高速を使ってしまう機会が増えるかもしれません、まずは高速を使わない人にこんなに便利ですよ と再認識させる機会を作ってみるといいと思います。

 

ETCを良くするのは人間次第!!

 

現在のETCは持ってる人はこの曜日やこの距離だけ など決まった枠でしか恩恵をうけておりません。そうではなく、誰もがETCを使うと恩恵を受けられるシステムにするべきです。ドライブスルーでETC払いしてお財布要らず、しかも今日は高速料金が割引になるかもしれないルーレットがナビと連動していれば遠出を考えていなかった家族も当たる事によって高速を使ってくれるかもしれません。高速で遠出をし、地域活性に一役貢献できるのは高速道路公団しかできない特技ですし義務でもあると思います。その手助けがETCなのではないでしょうか。

まとめ

ETCの機械が今の提案にどこまで対応ができるかですが、できなくても機械を変えれば可能な世界であるなら作るべきだと思います。初回の様に国の補助金で安く購入できるようにもう一度してもいいと思います。ある評論家は無駄を省けば高速料金なんかいらないとまで言っています 。現実、関東大震災前までは一律1000円でした。出来るか出来ないかで、もめるよりも高速料金は徴収するけど長距離は乗って欲しい、そして地域活性を狙う市や村などがあればそこの指定インターは距離によって料金割引、割引は市が払うなどをし、他人任せで高速を乗って来てもらう考えはやめ、みんなで考えるべきだと思います。高速道路は乗ってドライブすることで、楽しいと思う人は多いと思います。サービスエリアに入るのもイベントの一つと考える利用者も少なくないと思います。自動運転技術をきっかけに高速道路に乗る機会が増える時代がくると思います。その手助けにETCをもっと活用してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*