こんなETCが欲しかった!ETCパーソナルカード徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
etcパーソナル

高速道路の料金所をノンストップで通過するために必要なアイテムといえば、ETCカードですよね。
料金所でも支払いを待たずに通過出来ることから、すっかりおなじみのアイテムとなりました。

今回は、ETCカードの中でもクレッジット機能を一切持たない、高速道路の料金支払いのみに限定された高速道路6社が共同で発行する「ETCパーソナルカード」についてご紹介します。

特徴に加え、メリットやデメリット、カードを作るまでの流れについても詳しく解説しますので、ぜひ参考にして下さい。

一般のETCカードとの違い

一般のETCカードはクレジットカードの発行の際に審査をしますが、ETCパーソナルカードは、利用者からデポジットを預かり、カードを発行する、という大きな違いがあります。

そもそもETCカードとは、クレジットカードにETC機能が付帯しているケースが一般的で、ICチップがついたクレジットカードのことをさします。一方、ETCパーソナルカードは、クレジットカードを持つ必要がなく、高速道路の支払いのみに利用が出来るカードです。

2つの違いがわかったところで、次はETCパーソナルカードの特徴についてみてみましょう!

スポンサーリンク

ETCパーソナルカードの3つの特徴

ここでは事前に知っておきたい3つの特徴について押さえておきましょう。

  • 1.カード1枚につき、1,234円(税込)の年会費がかかる
  • 2.通行料金は、指定の金融口座から1ヶ月単位での引落しがある
  • 3.カードを利用した場合の通行料金は、利用した翌月に支払いをする

ETCパーソナルカードを持つメリットとデメリット

メリット

・クレジットカードを作りたくない人が手軽に作れる
・一般のETCカードを使った場合と同様の割引が受けられる
※割引に関しては、こちらをご確認ください。

デメリット

・カード1枚につき、1,234円(税込)の年会費がかかる
・カードを作る際に保証金が必要となる

デポジット料金の考え方

デポジットとは

デポジットとは高速道路会社への保証金のことで、ETCパーソナルカードの利用金額に対する担保となります。デポジットは解約時に返金されますが、あくまで保証金なので、通行料金の支払いには使えません。
利用料金はデポジットから引落しされていくのではなく、引落とされる分は自分の口座に別に用意しておかなくてはいけません。注意しましょう。

デポジット料金の計算方法

ETCパーソナルカードを作る際、最も重要となるのがこのデポジット料金の考え方です。人それぞれ初めに担保するデポジット料金は異なるので、以下を参考にし、初めにいくらかかるのかをみておきましょう。

高速道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額(平均利用月額が10,000円未満の場合は10,000円)の4倍の額または年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額のいずれか高い額をデポジット料金として担保します。

引用:http://www.go-etc.jp/

デポジット値段デポジット違い

デポジット値段2
出典:http://www.go-etc.jp/

手続きの流れ

カードを作るまでの流れ

  • 1.「ETCパーソナルカード利用申込書」を入手する
    高速道路のサービスエリアのインフォメーションセンターもしくは、ETCパーソナルカード事務局に電話するという3つの方法があります。サービスエリアだと限られたエリアにあることと、在庫数がない場合もあるので、一番確実なのは事務局に電話をすることです。電話後、通常2~3日で申込書が到着します。

ETCパーソナルカード事務局:044-870-7333
(土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)

  • 2.申込書に必要事項を記入し、ETCパーソナルカード事務局宛に郵送する
    ※申し込みにあたってはゆうちょ銀行の通常貯金口座または銀行の預金口座・本人確認書類が必要です。
  • 3.デポジットの振込み
    ETCパーソナルカード事務局から届く、デポジット払込取扱票を郵便局取扱窓口もしくはコンビニエンスストアにて振り込みをします。
  • 4.郵送にてカードが到着
    デポジット料金の入金確認後、ETCパーソナルカードが郵送されます。届いたその日から使えます。
    ※入金確認後、2週間前後でカードが届きます。

参考URL:http://www.go-etc.jp/

カード利用までの流れ

利用代金の主な流れ

利用代金の流れ

参考URL:http://www.etc-navi.net/

※カード発行日の翌月に、年会費1,234円(税込)が引落しされます。以降の年度においても同様に引落しされるので、注意しましょう。

利用を停止される3つのケース

  1. 指定口座からの引落しが出来なく、利用金額の支払いがない
  2. 高速道路会社からの保証金の増額に応じない
  3. 未払いの利用金額の合計が担保したデポジット料金の80%を超えたとき

解約について

解約の流れ

1.ETCパーソナルカード事務局に電話044-870-7333(土日、祝日、年末年始除く9:00〜17:00)をして、解約の意を述べる
2.担当部署から折り返しの電話をもらう、デポジット料金の返金手続きの案内をしてもらった後、解約書を送ってもらう
3.解約書とカードを返送して完了

デポジット料金の返金について

ETCパーソナルカード解約後、1ヶ月半~2ヶ月で登録している指定口座にて全額を返金される
(※解約の際の電話にて、別口座への振込みも対応してくれます)
高速道路の利用金額が確定していないものに関しては、担保してる保証金をあてることになります。

Q and A

Q.住所変更など個人情報の変更手続はどうしたらいいのでしょうか?
A.事務局に電話をしましょう。基本的には、カードを持っている本人でないと変更は行えません。
代理の場合は、書類を郵送してもらい、書面上での手続となります。

Q.引落しが出来なかった場合どうしたらいいのでしょうか?
A.引落日に間に合わなかった場合は、事務局からコンビニで支払いが出来る振替用紙を送ってもらえる。
万が一期日を過ぎたら、カードが止まる可能性があるので事務局に電話する。

Q.紛失盗難の場合どこに連絡すればいいのでしょうか?
A.事務局に電話をしましょう。クレジットカードと違い保証会社がないため、金額返金等は出来ません。
再発行手続きも同様に事務局で対応してもらえます。再発行手続きの書類を郵送してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか。一般のETCカードとETCパーソナルカードのそれぞれの特徴、メリット・デメリットをきちんと理解した上で、自分にあったカードを作りましょう。

参考URL:http://www.go-etc.jp/
http://www.driveplaza.com/

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*