高速道路の料金所で普通のクレジットカードは使える?使えない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ETCが搭載されていない車で高速道路を利用する場合、心配なのは通行料金の支払いです。おサイフに入っている現金が、万が一足りなかったらどのようにして支払いをするのが良いのでしょう?ここでは高速道路の料金所でクレジットカードを利用するメリットやデメリットについて考えます。

スポンサーリンク

.高速道路の料金所でクレジットカードは使用できるの?

高速道路の通行料金はETC搭載車両の場合、ETCカードで支払いができます。支払いは、ご自身のETCカード(クレジットカード会社経由)でまとめて請求されます。

ETCが車載されていない場合、インターチェンジの料金所で通行料金の支払いとなりますが、ここでは現金でもクレジットカードでもどちらでも支払いが可能です。一般車レーンで通行券を渡すと係員が対応してくれ、通行料金が表示されて支払いとなります。

やっぱりあった方がいい!?ETCカードのお得情報を動画でチェック!

2.東日本の高速道路でクレジットカードを使用するメリット・デメリット

VISAカード、JCBカード、USJカード、イオンカードなど料金所にマークのあるクレジットカードは、高速道路で利用可能です。

ここではそれらのクレジットカードで通行料金を支払うメリットをまとめました。

(メリット)

・カード会社独自の特典が受けられる

普段あなたがお使いのクレジットカードが、ショッピングをする毎にポイントがたまるカードなら、高速道路の通行料金を支払うとポイントがたまるメリットがあります。ポイント2Dayなどの特定日であればさらにオトクにポイントがたまるでしょう。

・サインがいらない

クレジットカードを使用して料金所支払いをする場合、面倒なサインや暗証番号の入力はいりません。支払い後は領収書とクレジットカードが返却されます。現金払いのように窓を開けて身を乗り出してのやり取り、お釣りの受け渡しが不要です。

(デメリット)

ETCカードのような割引がない

ETCカードで高速道路の料金を支払うと通行料金の割引がありますが、クレジットカードでの支払いに通行料金の割引はありません。

・支払いは1回払いのみ

ETCカードも同様ですが、クレジットカードでの料金支払いは全額一括払いのみとなっています。さらに、現金や回数券、他のクレジットカードと併用した支払いはできません。(ただし、支払い後のリボ払いへの変更は、クレジットカード会社の規約によります。)

・スマートインターチェンジは使用できない

クレジットカードでの通行料金の支払いは、係員がいる一般レーンの料金所に限られています。SAPAにあるスマートインターチェンジは、ETC搭載車のみ利用可能のため、クレジットカード利用の場合は通行できませんのでご注意を。

・首都高速道路で使用できない

首都高速道路の通行料金は、ETC又は現金支払いのみです。クレジットカードは利用できませんので気をつけましょう。

3.その他、クレジットカードが使えない場合

高速道路(東日本エリア)の通行料金をクレジットカードで支払う場合、クレジットカードの利用状況が下記の場合は利用できません。

・クレジットカードの有効期限が無効の場合

・クレジットカード会社にカードの使用が停止されている場合

・限度額を超過している場合

・利用者が本人ではない場合

・クレジットカードの磁気が読み取れない場合

・料金所のクレジットカード端末が故障などで使用できない場合

クレジットカードで高速道路の通行料金を支払う場合も、通常のショッピングの場合といっしょで特別ではありません。自分のクレジットカードがどのような状況であるかも知っておくと良いでしょう。

4.クレジット付帯ETCカードはあるが、ETCの機械がない場合

最近は、ETCカードとクレジットカードが1枚になっている便利なカードがあります。自家用車やレンタカーにETCの機械がない場合で、クレジットカード付帯のETCカードがある場合は高速道路での料金所で支払いはできるのでしょうか。またその場合の支払い方法について案内します。

ETCの機械がなくてもクレジット付帯ETCカードが利用可能

ETCカードは、ETC無線通行を前提としています。よって、ETCの機械が搭載されている車に限って高速道路のETC割引を利用することができます。

ETCが搭載されていない車で高速道路を利用する場合、クレジットカード付帯のETCカードで支払いはできますが、通行料金の割引は適用されません。通常のクレジットカードと扱いが一緒になります。

・クレジットカード付帯のETCカードで通行料金を支払う場合

ETCが搭載されていない車で高速道路を利用し、クレジットカード付帯のETCカードで高速道路の通行料金を支払う場合、高速道路の入口料金所では一般レーンで通行券を取りましょう。

そして、高速道路を降りる場合、その通行券を出口料金所の係員に渡し、通行料金の支払いに進みます。その時も一般レーンで係員がいる場所を選びます。

支払いは、出口料金所で通行券とクレジットカード付帯のETCカードを渡すだけです。サインレス・暗証番号の入力なしで決済されます。

5.まとめ

東日本エリアで高速道路の料金を支払う場合、クレジットカードは利用可能です。通常のクレジットカードの特典のみがメリットになるでしょう。

そして、ETCが搭載されていない車の場合でも、クレジットカード付帯のETCカードが利用可能ですが、ETC割引などの料金面での特典はありません。

いずれにしても、自分自身がオトクに感じられるクレジットカードを選んで、快適な高速道路でのドライブを楽しんでほしいものです。また、新規にクレジットカードをつくる場合はETCカードとしても利用できる「クレジットカード付帯のETCカード」を1枚を新たに用意してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*