今さら聞けない!けど知りたい!ETCの仕組みと導入メリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ETCはこのシステムを導入することによって料金支払い時の停車による渋滞などの緩和や人的な削減効果という事をねらったものです。カードによる自動決済を出来るようにすることで料金支払い時にいちいち人の手でお金をやり取りするという時間のかかる無駄な手間を無くすことにより高速道路の主要な渋滞要因となっている、この場所での渋滞を緩和するという目的がありました。これにによって人を配置することも必要なくなるので経費も削減できるという事もメリットとして挙げても良いでしょう。人にかかる費用は最も大きいともいえるので、これが無くなるメリットは大きなものがあるという事です。

スポンサーリンク

そもそもETCとは

ETCとは車に搭載された車載器と料金所アンテナとの無線通信によって、料金の支払いをカードなどで自動的に行うことによって此処を自動で通過できるようにしているモノです。つまり料金所で不必要に時間のかかっている作業を無くしてしまう事で、全ての無駄を無くしてしまう事が出来るというのがこのシステムだという事です。デジタル社会の今では当然の方法という事が言えるのかもしれません。どこの場所をどの車がいつ通過したのかという事は、車載器を積んでいればそれとアンテナ交信をすることですぐにキャッチできるので、後はその情報でお金の計算をすればよいだけの事ですから、いちいちお金を徴収するためだけの施設にお金をかけていること自体の方が問題だといっても良いかもしれない。その不要な施設を無くしてしまったというものが、このシステムです。

ですからETCのメリットは利用者の利便性が良くなったという事と、事業者の経費削減が出来るようになった手という事が言えるのかもしれません。また、よく利用する人であればちょっと割引があって安くなったという事も良いことかもしれない。カード決済なので確実に間違いなくお金を徴収できるという事も良い事かもしれません。

ETC導入のメリット

ETC導入のメリットは利用者としては渋滞がなくなる可能性が高くなったという事です。料金所で渋滞を起こしていたという事は高速道路の利用者では常識のようなものでしたから、これが緩和されるという事は大きな意味があるといっても良いかもしれません。

ETCが導入されるまでは高速道路の渋滞原因の一番がこれだったといえます。何しろ停車してお金を払っておつりを受け取ってというような事を人手でするわですから、その時間は当然後ろの車に影響することになります。これが無くなって徐行とはいえ停車しなくなるという事は大きな意味があるといっても良いでしょう。後は何もする必要がないのでチケットの紛失などのトラブルもなくなりますし、お金の徴収ミスなどの失敗もなくなります。カード決済になるので、自動的に徴収されるのでお金の計算を間違えるという事もないわけです。無人にすることも可能ですから、これによって事業者は大きく経費を削減できるという事も大きなメリットという事が言えるでしょう。それによって高速道路の維持管理にかかる費用を安くできるという事も大きな意味を持つことになります。元々高速道路は将来的に無料で使うという前提で出来ているわけですから、経費削減は当たり前とも言えます。ETC利用者は割引を受けることが出来るのも嬉しいところです。

ETCを導入するまでの流れ

ETCを導入するまでの流れは、ETCカードの申し込みをするところから始まります。そして車載器に車両情報を登録するという事が必要になります。これは車載器を購入した時にセットアップとして登録の作業をすることで出来るようになっています。カードの申し込みからセットアップまでを一括して行うとこもあるので、そのようなところですると便利という事が言えるのかもしれません。別々に出来ない事はありませんが、そのたびに個人情報を重複して記入していくような事が必要になるので手間がかかる事にもなります。ですからこの一連の作業に関しては信用できるところですることも必要になります。個人情報を出すことになるので、単に安いというだけの所にするとセキュリティの不安が出てしまう事になるので注意をした方が良いでしょう。

年会費無料のETCカード!

ETCカードランキング TOP10 オススメはこれだ!

最後に車載器を購入して取り付けることで実際に使う事が出来るようになります。この最後までの流れは業者に一括でしてもらうという事をするのが良いでしょう。個別にしてもらうといろいろと面倒な事も多くなり、個人情報を出すことも多くなるので、情報漏洩の点でもあまり良い方法という事にはなりません。

料金所の通り方

料金所の通り方は徐行が基本という事になります。時速では20kmよりも遅くということです。止まる必要はありません。止まるとETCの意味がありませんから、停止する必要はないのですが、高速で通り抜けて良いものではない。通過するレーンは決まっていてETCという看板が出ている所でなければ通れません。レーンの上に看板でETC専用、若しくはETC、一般という看板がありますから、そのどちらかであれば通行することが出来ます。一般とだけ記入されているレーンは使用することが出来ませんから注意をしましょう。そちらはETCに対応していない一般の車が利用できるという事になります。一般というのはETC以外という意味で考えると良いでしょう。ETCには未対応になっているので、ここを通ってもシステムは機能しません。

ETCカードは車載器にしっかりと入っている事を確認しておく事をお勧めします。振動などで外れているような事もあったりしますから、目視でもいいのでカードが入っている事は確認しておいたほうが良いでしょう。前の車とは十分な車間距離を保って、20km以内でゆっくりと進めば良いという事になります。

ETC未対応料金所の場合

ETC未対応のところの場合は従来通りに、高速道路に入る場合には停車してチケットをもらい、高速道路を出る時であれば、停車してお金を払って通貨をするという事になります。自動の券売機でも同じことをするだけです。この場合は車両によって料金が違うような事もありますから、自分で判断をして正しい選択をする必要も出てくるので注意をしましょう。

全ての料金所でETCに対応しているという事になっているわけではないですし、場合によっては装置が故障しているなどの原因で使えないという事もあるので、常にETCが使える状態が想定されるという事もないというケースもあります。ETCも万能の壊れることがない機会というわけではありません。装置である以上故障も考えられるので、そのような時には人が正しく使うという事が必要になるという事も考えられます。高速道路はETCの導入によってより便利で利用しやすいものとなりますが、全ての所でその利便性を享受できるようになるというわけではない事もあるので注意をする必要もあります。人でお金をやり取りすることもあるという事は知っておいた方が良いでしょう。そうしないとどうすればいいのか分からない事も考えられます。

まとめ

ETCは料金支払所で自動でお金のやり取りなどをすることなく、停車することなく通過することが出来る利便性の極めて良いものではありますが、その利用については仕組みを理解して正しく利用するという事も大切になります。自動的にお金の計算はしてくれますが、通過する時にはスピードを20km以内にしたり、利用できるレーンを確認して、利用できるところを選ぶという事も必要になるので、そのような選択も出来なければならないという事になります。未対応のところでは手動で料金の支払いなどもする必要があるので、そうした事もある事を知っておく事も必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*