高速道路乗り放題!九州よかよかドライブパス2018を使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

九州旅行で高速道路に乗り入れ、ちょっと不安なことも、わからないこともあるでしょう。 あらかじめ調査も大事なことです。 九州の高速道路では、2018年【九州よかよかドライブパス】というサービスがありました。 九州よかよかドライブパスは、九州の高速道路をETC利用限定、定額料金で乗り放題の、 ネクスコ西日本が管理しているパスです。 結構優れものという評判なので、2019年の公式情報はまだ未定ですが、今回クローズアップしてみます!

スポンサーリンク

九州よかよかドライブパスとは

九州よかよかドライブパスは、かなり評価が高く、続けて2018年にも登場したということです。利用出来るのは、ほとんど九州全域です。 平日だけでなく休日も利用することができ、 続く3日間or4日間で利用することができます。 更にパスには、観光地での特典や、 SAやPAでのクーポンもついて来たりして、こんなパスを知っていると知らないのでは旅行の楽しみ方も随分変わってしまうかもしれないですよね。

NEXCO西日本】高速道路周遊パス2018九州編のCMをチェック!

九州よかよかドライブパスの料金は、3日間プランであれば、 普通車:6,500円・軽自動車等:5,200円であり、 4日間プランは普通車:8,000円・軽自動車等:6,400円です。 発着地の制限がないので、九州に住んでいる人たちも有効的に利用することができますし、九州以外の人たちも利用しやすいですね。 利用するにあたり、事前の申込みが必要になって来ます。

九州よかよかドライブパス お得な利用方法

では、九州よかよかドライブパスを実際にどんな感じで利用しているかチェックしてみましょう。九州よかよかドライブパスを購入したからには、出来るだけお得な方法を多くの人たちは考えるでしょう。

3日間用の普通車のドライブパスを利用した場合、こんなシミュレーションがおすすめです。 中国・山陽道経由で九州に入ることを前提としますが、起点は門司ICからです。 門司ICから南方面へ走って行こうというモチベーションなら、休日ETC割利用で、熊本県の松橋ICまでが片道3,300円という料金なので、これより先に往復で行けばお得感が出てきます。

平日通常料金であれば、 福岡県のみやま柳川ICまでが片道3,330円なので、ここから先への往復で、お得感は出てくるでしょう。 門司ICから西方面へという場合には、休日ETC割を利用したら、 長崎県の佐世保大塔ICまでが片道3,390円の料金なので、それ以上の往復でお得感が出てきます。 平日通常料金では、佐賀県佐賀大和ICまでが片道3,270円なので、これ以上がお得です。

門司ICから九州東部方面という場合には、休日ETC割を利用した場合、東九州道経由で大分県の佐伯ICまでというのが片道3,350円だから、これ以上でお得感があります。 平日通常料金では、 大分県の別府ICまで(東九州道経由)が片道3,400円なので、これ以上がお得です。

更に、 太宰府IC出発のケースでは休日ETC割利用の場合、宮崎県のえびのICまでが片道3,290円、宮崎県の門川ICまでが片道3,420円なのでそれ以上がお得となり、 平日通常料金の場合、熊本県宇城氷川SICまでが片道3,300円、大分県湾別府SICまでが片道3,280円なのでそれ以上がお得です。

お得な情報が一杯

もちろん九州よかよかドライブパス2018 にはお得感が一杯です。得しようと思えばいくらでも得することができ、俄然旅行もモチベーションもアップさせることができます。 九州よかよかドライブパス2018はエリアの中なら乗り放題のパスなので、距離云々ではなく乗り降りが多いとそれだけお得感が出てきます。 さらに、九州よかよかドライブパス2018 には、決して見逃すことができない特典が一杯あるので、そちらの方もチェックしておきましょう。

九州よかよかドライブパス2018は、 クスコ西日本のSA・PAで税込1,000円以上のショッピングや食事をすれば、100円分のクーポン券5枚をもらうことができます。 周遊エリア内の対象SAのレストランを利用した場合、ドリンクサービスや一品などのサービス券をもらうことができたりします。 更に、九州各地の観光施設で利用出来る割引サービスも利用することができます。

九州よかよかドライブパス2018の申込対象者に対してお得な宿泊のプランもあり、旅行へ出掛ける方々はここあたりも要チェックです。 そもそも、九州というエリアは、九州自動車道と大分自動車道、東九州自動車道を利用することでほとんど一周も出来てしまうので、 九州一周旅行など考える人たちには、まさに必須アイテムとも言えるでしょう。

大河ドラマ「西郷どん」で俄然盛り上がっている鹿児島県や、異国情緒満載の長崎、大分で温泉にゆったりつかって、 震災復興に応援したい熊本も決して無視は出来ないでしょう。更に九州の玄関口である福岡県や、 パワースポット宮崎、 幕末維新博が開催されていた佐賀県など、まるごとまとめて旅行プランをたててみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、 九州よかよかドライブパス2018についてご紹介しました。九州内の高速道路をETC利用限定で定額料金で自由に乗り降りすることができます。 料金は、3日間プランで普通車:6,500円・軽自動車等:5,200円。4日間プランで普通車:8,000円・軽自動車等:6,400円。 門司ICから南方面へと、 熊本県の松橋ICまでが片道3,300円で、それ以上であればすぐにお得感が出てきます。2019年の公式情報はまだ未定ですが、 クーポンや割引などの特典も一杯なので、九州旅行の際には有効的に活かしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*