ETCカードを作る前に絶対知っておきたい基礎知識編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ETCカードは高速道路をキャッシュレスで通行できる便利なシステムで、さらに有人料金所を通過する場合よりも安く利用でき、渋滞緩和にも貢献することができます。ETCを導入するためには車載器とカードが必要になり、特段難しいことはありません。しかしカードにはいくつか種類があるため、取得にかかる時間や難易度が異なります。
大きく分けると、クレジットカードの追加として発行するETCカードと、高速道路6社が共同発行している専用の「ETCパーソナルカード」があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので把握しておくようにしましょう。

ETCカードに審査はあるの?

ETCカードそのものには審査はありませんが、取得するためのクレジットカードに入会するときに審査があります。過去に長期の延滞をしたり債務整理をした経験があると、一定期間信用情報に事故履歴が残ってしまい、新規の発行が困難になることがあるため、クレジットで追加発行するタイプのものは、すべての人が簡単に取得できるわけではありません。クレジットカード会社によってはETCの発行を行っていないものも多くあるため、カードを選ぶ場合にも注意をしなくてはなりません。クレジットの追加で作ったETCカードはショッピングで利用することも可能です。

ETCカードはブラックな人でも取得可能

審査を通ることが出できない人はETCが使えないわけではなく、ETCパーソナルカードやETCコーポレートカードを所得することによって利用可能です。こちらは申し込みをして一定額のデポジットを納めれば、誰でも所有することができます。クレジットの追加で作ったものと比較しても、同じ料金でETCを利用することができます。料金の精算は引き落としになりますが、最初に最低2万円のデポジットが必要になってしまうため、まとまった金額を用意しておく必要があります。

こんなETCが欲しかった!ETCパーソナルカード徹底解説

ETCカードを作るための方法と流れ

クレジット追加型のETCを取得する場合は、まず申し込みをするクレジットで追加できるかどうか確認しておくようにしましょう。対応していない会社からは発行することができないためです。対応している会社の場合は同時申し込みもできますし、あとから追加発行することもできます。追加で取得する場合は各会社のマイページにログインし、メニューの中から発行するボタンを探しましょう。無事に申し込みができれば、おおよそ1週間程度で発行が完了し手元に届きます。届いたカードはすぐにETC車載器に挿入して利用することができ、ショッピングの代金と同様に指定された支払日に請求が届きます。

郵送でしか手続きできないETCカード

ETCパーソナルやETCコーポレートはネットからの申し込みをすることはできず、郵送で手続きをしなくてはなりません。申込書は高速道路のサービスエリアやパーキングに用意されています。後述しますが、必ず保証金となるデポジットが必要になります。申し込み後にデポジット振込用の振込用紙が送られてくるので、自身の利用頻度と金額にあったデポジットを、あらかじめ納めておかなくてはなりません。振込後2週間程度でETCカードが郵送され、すぐにETC車載器に挿入して利用することができます。

【保存版】ETC車載器の選び方とセットアップの流れまとめ

ETCマイレージサービスとは

ETCを利用するとポイントが貯まる、ETCマイレージサービスがあります。利用頻度が高い人ほどすぐにポイントが貯まるため、さらにお得にETCを利用することができるようになるでしょう。このポイントシステムを利用するためには申し込みをしておかなくてはなりません。インターネットから簡単に手続きをすることができ、当日の走行分からポイントが付くようになります。

マイレージポイントを上手に活用するために

マイレージは各道路事業者ごとにポイントが貯まっていき、合算することはできません。事業者ごとに溜まっていくポイントにも違いがあり、月間利用額によってプラスされるものもあります。貯まったマイレージを利用することで通行料金を割引することができますが、この割引率も事業者ごとに異なります。ポイント還元は一定額溜まった時点で自動で還元する設定にしておいたり、インターネットからの交換手続き、自動音声ダイヤルでの手続き、事務局への電話による手続きで利用することができます。高速道路の走行頻度が高い人はポイントを無駄にしないように、申し込みをしてお得にETCを利用できるようにしておくと良いでしょう。手続きをしていないとこのマイレージサービスを受けることはできません。

高速料金が無料?ETCマイレージサービスの登録方法まとめ

ETCパーソナルカードとは

クレジット付属型のETCカードを持つことが困難な人は、ETCパーソナルカードに申し込みをすると良いでしょう。審査不要で所有することができる点は大きなメリットですが、それ以外には利点はなく、デメリットとなる点が多いのが難点です。ETCを利用する機能としてはどちらを発行しても大きな違いはありませんが、パーソナルの場合はデポジットという仕組みがあることや、年会費が必要になること、申し込みが書面でしか行うことができず、その書類もサービスエリアやパーキングまで取りに行かなくてはならない点が欠点です。

ETCパーソナルカードは利用停止にならない様にデボジットの管理が必要

デポジットは高速道路の利用頻度によって必要になる金額が異なります。平均利用月額を5000円単位で切り上げた金額の4か月分、年間最高利用額を2万円単位で切り上げた金額のうち、高いほうを預け入れておく必要があります。自己申告なので保証金を少なく見積もることも可能ですが、支払い前の合計利用額が預け入れているデポジットの80%を超えてしまうと、利用停止になってしまうので注意しなくてはなりません。利用の仕方によってはデポジットの増額依頼が届くこともあります。利用できなくなるとETCを挿入していても使うことができなくなるので事故になるリスクもあり、大変危険です。

ETCコーポレートカードとは

道路事業者が発行している別のカードに、ETCコーポレートカードがあります。これは大口顧客用のもので、通常のものと比較すると割引率が高くなるため、高速道路を安く利用することができるようになります。割引対象になるのは1か月の料金のうち、5000円を超えた分からですので、ハードルはそれほど高くありません。30000円を超えた分は最大30%引きになり、さらにETC2.0の車載器を使っていると40%引きになります。休日割引や深夜割引との併用も可能なため、とにかく安く高速道路を使いたいときに便利な1枚です。マイレージによる還元の場合は利用分から差し引かれますが、ETCコーポレートカードの割引は直接行われます。

ビジネス利用でもオトクに!法人ETCカードおススメ3選

デメリットとしてはETCパーソナルカードと同様に高額の保証金が必要になることです。銀行や信用金庫の保証を立てることもできますが、審査が必要になるため、誰でも簡単に保証を受けることができるわけではありません。また、車ごとに発行されるため、別の車に差し替えて使うことができません。頻繁に利用する人でも、レンタカーでは利用することができないのです。車を買い替えたらETCの手続きも再度行わなくてはなりません。

まとめ

簡単にお手軽に作ることができるのがクレジット追加型のETCカードですが、クレジットを持てない人でもパーソナルやコーポレートで契約をすることでETC割引を利用することはできます。それぞれにメリットとデメリットがありますので、利用頻度や初期費用、所有難易度に合わせて適したものを取得すると良いでしょう。それぞれで申し込み方法も異なり、急いで取得する必要がある場合は発行にかかる時間にも注意しておかなくてはなりません。クレジットの中には即日発行することができるものもありますので、急ぎの場合に検討すると良いでしょう。

ETCカードランキング TOP10 オススメはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*