ETCカードの割引にはどんな種類がある?利用条件と割引率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ETCカードがあることで料金所で止まることなくスムーズに支払いができます。ただETCカードはそれだけの機能ではありません。それがあることで様々な割引を受けることができます。主に時間帯などに関係した割引ですが、たくさん利用することで割引になるケースもあります。

ETCカードには様々な特典があり、利便性以上の恩恵を受けることが可能です。あとはどのような割引制度がETCカードを利用することで存在するのか、利用条件はどうなっているのかを知り、その中で高速道路に乗る時間帯の調整をしていくことが求められることになります。

スポンサーリンク

平日朝夕割引の利用条件と割引率

平日朝夕割引は平日の朝と夕方を対象にした割引制度です。すべての車種が対象になっており、30%あるいは50%の割引となります。ただ最初から割引になるのではなく、1か月の中でどれだけ利用したかで割引率などが変わる仕組みです。しかも4回までの利用では割引とはなりません。最低でも5回以上利用しないとその恩恵が受けられないため、注意が必要です。

高速に何回以上乗れば割引率がよくなるのか?

割引率ですが、1か月に5回から9回までが30%、10回以上が50%になります。適用されるのは通行料金のうち走行距離が100キロに相当する分までで、それから30%もしくは50%です。入口もしくは出口の料金所を朝6時から9時まで、夕方5時から夜8時までにどちらかを通過すれば適用されます。

もう1つ注意したいのが事前にETCマイレージサービスに加入し手続きを済ませることです。これをしておかないと適用されません。せっかくいくらか還元できたのに手続きをしていなかったせいで無駄にしてしまうことがあります。他には朝と夕方それぞれで高速道路を利用したとしても、カウントは1日1回のみです。つまり、3日間朝と夕方に乗ったから適用されるわけではありません。

高速料金が無料?ETCマイレージサービスの登録方法まとめ

休日割引の利用条件と割引率

次に休日割引ですが、土日祝日、1月2日と3日を対象にした制度です。割引率は30%になっており、こちらは最初から3割安く乗ることができる形になっています。平日朝夕割引のように手続きの必要はなく、ETCカードを車載器に挿入しておけばすぐに利用できます。

ただすべての車種が対象になるわけではないのが注意点です。対象となる車種は普通車と軽自動車に絞られています。トラックやバスなどの大型車は対象にはなりません。先ほどと同様に東京近郊や大阪近郊のみの利用では対象にならないのでそのあたりも注意が必要です。ちなみにこれは平日朝夕割引でも同じなので、東京や大阪のみの利用の際には対象にならないため、気を付ける必要があります。

何もしなくてもETCユーザーは普通車と軽自動車は休日割引

平日朝夕割引と違うのは、高速道路の利用が1回だけの利用でも大丈夫な点です。またどれだけ長い距離に乗っても一律で3割分をカットしてくれます。東京や大阪近郊を経由した場合はそれ以外の高速道路料金で計算を行って恩恵を受けられる形です。他のものに比べるとある程度シンプルなシステムになってはいますが、どこまでが東京近郊であり大阪近郊なのかをチェックすることをおすすめします。

高速料金が30%OFF!賢くお得に使おうETC休日割引

深夜割引の利用条件と割引率

お次は深夜割引です。これまでは東京近郊や大阪近郊では対象外になっていましたが、深夜割引に関しては東京近郊や大阪近郊のみの利用だったとしても対象に入ります。カットされるのは休日割引と同様の3割分ということになりますが、対象となる範囲が広くなるのは大きな違いです。また利用できる車種にも違いがあります。深夜割引の場合はサービスの対象がすべての車種に拡大されます。つまり、バスやトラックでも深夜割引は受けられます。

深夜割引を受けるには料金所を通るタイミングが午前0時から4時まで

対象となるのは午前0時から午前4時までとなります。インターチェンジの近くでは0時前になると、わざわざ近くで止めて時間調整をする人がいるほどです。入口もしくは出口となる料金所を午前0時から4時までに通過すれば深夜割引が適用されます。しかし、多くの人が勘違いをしているのは、午前0時から午前4時をまたぐ形で長時間の運転をしていた場合にはちゃんと対象になる点です。

料金の計算ですが、いくつかの料金所をまたぐような形になった場合には、その料金所を何時に通過したかで変わります。午前0時に入ったとしても、4時以降に途中の料金所を通過していた場合にはその区間までが対象です。

深夜に頑張る運転手さん必見!1年中使えるETC深夜割引

ETC2.0割引の利用条件と割引率

ETC2.0割引という制度がありますが、こちらはETC2.0と呼ばれる車載器をセットアップした車が対象となる方法です。ETC2.0にすることで、渋滞回避の支援や緊急メッセージなどのサービスが受けられます。ただ実際に安く利用することができる高速道路がかなり限定されています。その区間は圏央道の区間と新湘南バイパスの区間です。圏央道は環状道路として機能し、渋滞の迂回などがメインになっている高速道路です。ここを利用する際にETC2.0にセットアップをしていたのであれば割引が適用されます。

従来のETCと何が違うの?ETC2.0サービスを徹底解説

実際の恩恵は通常の高速道路と比べると2割程度の値下げとなります。あくまでも渋滞回避がメインなので、割引はあくまでもおまけのようなものです。今後はETC2.0を利用することで一時的に高速道路から出ても連続の走行として認める方法やあえて混雑を回避する道を選んだ場合には割引価格が適用されることも視野に入っています。

まだまだETC2.0は普及しておらず、その知名度も低いままです。これらの制度を充実させていくことでよりお得に、もっと便利に利用できるため、家計のためにも早く普及してほしいものです。

続報ETC2.0/まだ間に合う!助成キャンペーン

大口・多頻度割引の利用条件と割引率

大口・多頻度割引ですが、こちらは一般の人はあまり対象にはならず、運送関係など毎日高速道路を走行する業者にとって恩恵を受けやすい制度です。ETCコーポレートカードというものがあり、これを前もって借ります。割引の種類は2つあり、1つは車両単位でのもの、もう1つは契約単位でのものです。

車両単位の場合は毎月いくら分を使ったかでカットされる割合が決まります。最低5000円を超える金額でなければならず、1万円以下までであれば10%、3万円までであれば30%、3万円を超える部分は40%となります。仮にETC2.0を使用していた場合はこの割合が10%ずつ増えるため、最大で40%カットされ、カットされた分を支払うことになります。

契約単位の場合は1つの事業者全体の利用金額で決まる内容です。500万円以上の金額であることや1台当たりの利用額が3万円を上回る場合には全体の利用額から1割分カットされる仕組みです。これらは高速道路の場合ですが、一般有料道路ではまた別の枠組みで利用できます。申し込みから支払いまでにいくつかの手続きが必要ですが、頻繁に利用する事業者は必ず入っておくべきものです。

まとめ

このように様々な制度があり、ETC2.0を利用すればお得になる可能性が今後はあります。ただ、圏央道を利用する人だけが今のところは恩恵を受けられるため、すぐに用意しなければならないということではありません。これまで現金で高速道路料金を払い続けていた人はこれを機会にETCカードを作ってスムーズに支払いを済ませることをおすすめします。

またクレジットカード機能がついたETCカードもあり、その場合はクレジットカードの側でポイントなどが付く場合があります。それらもうまく活用していくことでお得にポイントをため、恩恵を受けられます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*