必見!ETC車載器の選び方と種類とセットアップ方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ETC車載器と一口に言っても種類が多く、どれを選べば良いか分からないという人も少なくはありません。また、設置はカーショップに依頼した場合でも全てのカーショップでセットアップまで行うことが出来るというわけではありませんので、注意が必要です

ETC車載器の選び方や使えるようになるまでの方法について説明していきます。一度購入すると、ETC車載器が故障したり、車を買い換えるなどのきっかけが無ければ何度も買い換えるというものではありませんので、初めて購入するという時には、いくつかの製品を比較し、自分に合ったものを選ぶということが後悔しないためには大切です。

スポンサーリンク

2ピースタイプのメリット·デメリット

2ピースタイプのETC車載器はETCを利用するために必要な2つの要素で構成されているシンプルなタイプです。料金所との無線交信に使用されるアンテナ部分とETCカードを差し込む部分が一体化しており、アンテナ一体型とも呼ばれています。

メリットとしては、取り付けを楽にすることが出来る·省スペースでコンパクトである·ETCカードの出し入れが簡単ということが挙げられます。しかし、障害物があると交信に支障をきたしてしまうため、ダッシュボードの上など、見やすい位置に設置しなければならないということがデメリットでしょう。車の外から見えやすいということは、ETCカードを差し込んだままの状態で車外に出てしまうと、カードが盗まれてしまう可能性があります。もちろん、カードを使用するたびに抜き差しすることで、その危険性は軽減されますが、中には面倒に感じてしまう人もいるかも知れません。

他の人から見えにくい場所に設置した場合には、無線交信が遮られてしまい、交信が失敗してしまい支払いをすることができなくなる可能性があります。その場ですぐに直すということは難しいため、設置する場合には正しい位置に取り付けることが大切です。

3ピースタイプのメリット·デメリット

ETC車載器の本体部分とアンテナ部分を分離させたタイプが3ピースタイプと呼ばれるものです。ダッシュボードの上など、電波状況の良い場所に小型のアンテナを取り付けておけば、ETCカードの挿入や各種設定を行う本体部分は車体のどこに設置しても構いません。一般的には、カードの出し入れのしやすさなどを考慮した上で、音声案内の設定を行いやすい場所が選ばれます。

3ピースタイプのメリットとしては、アンテナ部分が分離していることで、本体を目立たない場所に設置することが出来るということでしょう。視界を遮ることもなく、運転もしやすくなります。また、設置場所にもよりますが、車外から本体が見えないため、安心感があります。以前は価格が高額でしたが、最近では2ピースタイプとそれほど大きな違いはありません。

デメリットとしては、設置する場所にもよりますが、カードの出し入れがしにくくなる場合があるということでしょう。設置場所は事前に相談をして決めましょう。製品によっては費用が高額になることもあるため、製品を購入する場合には、製品の性能はもちろんのこと、費用についても確認をするということが重要になります。

ビルトインタイプのメリット·デメリット

自動車本体とETC車載器が一体型しているタイプがビルトインタイプと呼ばれるものです。車を購入する時に、メーカーに依頼し、有料のオプションとして設置してもらうという方法が一般的です。車種によって、アンテナがルームミラーに組み込まれていたり、本体をセンターパネルに設置することが出来るなど、車の内装やインテリアにこだわりがあるという人に人気を博しています。

ビルトインタイプのメリットは、後付とは異なり見た目の違和感がない·メーカーの純正品であれば、長期保証がついているため安心して利用することが出来るという事があります。

一方のデメリットは、製品を別途購入したほうが安く購入することが出来る、後付をすることは出来ないため、車を新車で購入する必要があるということが挙げられます。純正が高額であるという理由で純正以外の物を選ぶという人もいるかもしれません。純正以外の製品は製品自体の価格は安いのですが、設置するために部品が必要となったり、ピッタリのサイズのものが見つからない可能性もあります。

後付タイプと比べて選択肢が少ないということに対して不満を感じる人もいるかも知れません。

車載器のセットアップ(登録)方法

ETC車載器は車両に取り付けただけでETCサービスを利用することが出来るというわけではありません。設置したまま料金所を通過しようとしても、支払いをすることが出来ないため、注意をしましょう。

まず、ETCの取り付けについては、知識と道具があればカーショップに依頼することなく、車両の持ち主が行うことが出来ます。しかし、登録については、登録されたカーショップでなければ行うことが出来ません。その理由は個人情報の漏えいやETCの不正利用を防止するためです。

ETC車載器をカーショップで購入し、取り付けまで行った場合にはその際に登録を行ってくれますし、通販サイトなどで購入した場合には、あらかじめ登録が完了したものを受け取ることが出来ます。また、新車を購入した時のオプションとして追加した場合には、すでに登録が済ませた状態で納車されますので、手続きをする必要はありません。しかし、中古車や中古ETC車載器を購入した場合には、再セットアップをする必要があります。これは個人で行うことが出来ないため、専門のカーショップに依頼しましょう。時間がないという場合には、オンライン上で手続きを済ませることが出来るところがおすすめです。

【保存版】ETC車載器の選び方とセットアップの流れまとめ

ETC車載器を他の車両に移す場合

ETC車載器を新たに購入し、古いものは他の車に移して使用するということは可能です。ただし、古い車から取り外しただけの状態の物を車に設置し、使用するということは禁止されています。その理由としては、車を特定するための情報が登録されているためです。他の車に移した場合には、移した車を特定するための情報が必要です。

このような再度セットアップする作業をカーショップに依頼する場合には、費用がかかります。費用についてもカーショップによって異なりますが、3000円程度というところが多いようです。

他の人にETC車載器を譲り渡すという場合、新しい車載器は使い始めた時と同様に、古いものは再度登録をする必要がありますが、この時の費用などは製品を譲り受けた側が行うべきでしょう。

そして、忘れがちなのが、引っ越しなどでナンバープレートが変わったという場合です。このような場合も車両が変わっていないのだから再度手続きをする必要はないと感じられる人もいるかも知れませんが、そのようなことはなく、再度手続きをする必要があります。手続きをすることが出来るカーショップはインターネットで簡単に見つけることが出来ます。

まとめ

頻繁に高速道路を利用するという場合には、費用の面や利用のしやすさなどを考えるとETC車載器を導入したほうが良いでしょう。

使用するためには、車に設置するだけではなく、セットアップを済ませる必要がありますが、誰でも簡単に行うことが出来るということではありませんので、カーショップで製品を購入後、登録までを行って欲しいという要望があるのであれば、あらかじめ登録までをすることが出来るかどうかを確かめるようにしましょう。

ETC車載器は日々進化しており製品によってはカーナビと連動させることが出来たり、交通案内を表示してくれるものまであります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*