高速道路を使って行く おすすめ初詣スポットと交通状況は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

初詣は地元の神社で済ませても良いですが、たまには観光がてらドライブして、少し遠くの神社へお参りに出かけてみるのも良いですよね。家族や恋人と共に楽しく過ごし、良い思い出としたいものです。高速道路を使って初詣へ行く際に注意すべきポイントは、交通状況・駐車場情報などをしっかりと把握した上で参拝へ出かけることでしょう。

この記事では、日本全国たくさんの神社がある中で、初詣の場所としておすすめな神社を5つほどご紹介します。それぞれ神社の特徴・交通情報を記載してありますので、高速道路で初詣へ赴く際にはぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

明治神宮(東京都)

明治神宮は、毎年の初詣の参拝客が日本一になるほど人気の神社です。明治記念館で行なわれる和装での結婚式の模様は、度々テレビでも取り上げられていますよね。

明治神宮は明治天皇・昭憲皇太后が祀られている神社で、夫婦円満・家内安全・縁結びといった家族や恋人たちの幸せを願うご利益が期待できるでしょう。電車で行く場合にはJR原宿駅より徒歩1分という近さで、駅から神社が見えるので迷わずに向かうことができますです。

しかし混んでる!明治神宮!!

車を利用の場合も、首都高速4号新宿線代々木ICより約5分という近さなのが嬉しいです。明治神宮内に無料駐車場が100台強ありますが、初詣の混雑時は特別な規制がかかるので利用しにくいようです。近隣には最大料金がない駐車場や、事前に予約ができる駐車場もあるため、明治神宮外に車を止めてから参拝へ行くのが安全だといえます。

伊勢神宮(三重県)

伊勢神宮は三重県伊勢市にあり、パワースポットが多いことでも有名です。敷地内に料理店・食品店・工芸店が立ち並ぶ「おかげ横丁」もあり、観光やお土産にも困りません。

伊勢神宮では天照大御神さまを祀っており、外宮→内宮の順にお参りするのが一般的だといわれています。初詣などの混雑時は交通規制によって、伊勢ICと伊勢西ICでは降りることができません。そのため必然的に、玉城ICや朝熊東ICを利用する形になるでしょう。

通常道路も交通規制が多いため、公共交通機関(バスや電車)と併用する、もしくは愛知県からフェリーに乗って鳥羽港まで来るという方法が望ましいです。また、内宮のみを参拝する方が多く、おかげ横丁近くの無料駐車場は内宮に近い場所なので、すぐ満車になってしまいます。現地まで自家用車で行く際には、県営体育館近くの駐車場を選択するのが望ましいでしょう。

金持神社の文社(岡山県:蒜山高原サービスエリア内)

高速道路に神社ができたのは日本初なのですが、蒜山高原サービスエリア内に金持神社の文社が設置されたというのです。金持神社といえばその名前の通り、金運アップのご利益があるといわれていますが、正式な読み方は「かもち神社」となります。

岡山県と鳥取県を結ぶ米子自動車道が開通して以来、もっと蒜山の魅力を知って貰いたいという思いから、縁起が良い神社の文社を高速道路へ設置することに決めたそうです。全国でも珍しい天之常立尊(あめのとこたちのみこと)という神を分社にも祀っており、サービスエリア内では開運グッズも販売されているほどです。

バスツアーで訪れる人・定期的に参拝へ来る人もいるほど、インパクト・人気が高い神社だというので、旅の途中にでも、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

太宰府天満宮(福岡県)

太宰府天満宮は菅原道真さまを祀っており、学問・厄除けにご利益があるとして、受験生への人気が高い神社です。受験を間近に控えた受験生が、最後の神頼みとして訪れる場所でしょう。

こちらも九州各地からたくさんの人が訪れるため、公共交通機関を利用することをおすすめします。JR博多駅からならば直通バスも運行しているのです。ある程度近くまで辿り着いたら電車、もしくはバスを利用して、太宰府駅まで行くのが望ましいでしょう。年末年始は特別ダイヤで運行しているそうですので、必ずチェックしてから計画するようにしてください。

こちらも大人気!太宰府天満宮!

正月3日までは24時間開門しているため、寒いですが朝78時の時間を狙うか、1231日以外の深夜帯を選択するとスムーズに参拝ができるでしょう。

太宰府天満宮への参道へ立ち並ぶ「梅ヶ枝餅」にも注目で、小豆餡を薄い餡の生地で包み鉄板で焼いた、焼餅独特の食感をお楽しみください。

富士山本宮浅間大社(静岡県)

富士山本宮浅間大社は、木花之作久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)を主祭神とし、富士山信仰が広がるにつれて全国に祀られた、浅間神社の総本宮です。新年早々、さまざまな祭典がとり行なわれており、参拝以外に楽しめるイベントが盛んなのが特徴的でしょう。新年になった途端に一斉に入場してお参りをするというのも、なかなか見られないビジョンかもしれません。

ずーっと見入っちゃう!富士山本宮浅間大社のおすすめ動画

家庭円満・安産などのご利益があると言われており、子供の欲しい夫婦が訪れることが多いといいます。水回りの神でもあるため、農業や漁業が上手く行くようにと訪れる方も多いそうです。

特に交通規制はかからず、付近には有料ながら、初詣などの混雑時限定で臨時駐車場が設置されます。駐車場もそれなりに広く、他の神社ほどは困らないでしょう。インターとしては、東名高速富士ICもしくは、新東名高速新富士ICが最寄りとなります。電車で行く場合には、身延線の富士宮駅から徒歩10分ほどなので、そこまで負担がかからず参拝しやすい場所だといえます。

まとめ

初詣で遠出する場合におすすめな神社について、それぞれの魅力が伝わりましたでしょうか?どんなご利益があるのかという点も大切なポイントですので、ご自身の希望するご利益がある神社を選択して、ぜひお参りを楽しんでいただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket