【ハワイ・ワイキキ】レンタカーでドライブを楽しむための基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ハワイのワイキキでレンタカーを運転してみると、今までのハワイ旅とは全く違う楽しみかたができます。
行動 範囲が広がり、さらには時間とお金が節約できます。海沿いをドライブしたり、自然豊かなマウンテンビューを 楽しんだりと良いことづくし。ここでは、ハワイをレンタカーで楽しむための基礎知識をお教えします。

スポンサーリンク

 

1. 基礎中の基礎!ハワイの道路交通事情

ハワイを車で自由にドライブするためにはまず、運転ルールを知る必要があります。
・道路事情 ハワイは日本と道路事情が異なり、右側通行で走らなければなりません。いつもの感覚で運転していると発進す るとき、左折するときに間違って反対車線に入ってしまうことがありますので注意しましょう。常に左側にセン ターラインがくるように、と覚えておくと頭の中で整理がつきます。

・年齢
21 歳以上です。

・運転免許証
アメリカ、ハワイでは日本の免許証を見せるだけで、大手レンタカー会社では手続きができるのが最近の主流で す。しかし、現地の日本語が話せないスタッフとスムーズに話すためにも海外で運転できる国際運転免許証を提 示して手続きをすることをお勧めします。 その国際運転免許証は、海外で車を運転するために必要な書類ですので、ハワイへ渡航する前に日本で発行しま しょう。 取得方法は、日本の各都道府県の運転免許センターでパスポート、顔写真 1 枚( 5cm ×横 4cm) 、日本の運転免許証、 現金手数料 2400 円を持参し、発行手続きを行うとすぐに発行してくれます。

・走行マナー
日本とハワイでは、道路交通法が違いますのでハワイのルールに従って運転しましょう。
①道路
右側通行、左ハンドルが基本
②法定速度
運転中の車のスピードに関する標識は、道路脇の標識で確認します。速度に関しては SPEED LIMIT 50 は制限速度 約 80 キロ、 MINIMUN SPEED 45 は最低速度約 72 キロとなります。 (1マ イル=約 1.6 キロメートル) 。
③道路標識
STOP 停止 DO NOT ENTER 進入禁止 ONEWAY 一方通行などがあります。 信号が赤でも右折できるルールもハワイならではです。一時停止、歩行者に注意して右折しましょう。※ No Turn On Red は、信号が青の時だけ右折しなければなりません。

これは便利!ハワイの運転前には見る事をオススメします!

④スクールバス
子供が乗っているスクールバスが前を走っているときは要注意です。アメリカの交通ルールではスクールバスを 追い越してはいけないという法律があります。対向車が停まっている時も停止しなければなりません。気をつけ ましょう。
⑤チャイルドシート
12 歳以下の子どもは後部座席でシートベルト着用が義務付けられています。さらに 7 歳までは身長、体重に関わ らずチャイルドシートが必要になります。 約 9 ヶ月未満の赤ちゃん( 10Kg 以下 65 cm以下)は後部座席で ベビーシート が必要です。年齢 4 歳以下の子ども( 18Kg 以下 100 cm以下のお子様及び)は後部座席で チャイルドシート が必要です。 約 10 歳までの子ども( 35Kg 以下 143cm 以下)は後部座席で ブースターシート が必要です。
⑥歩行者優先
信号を渡る、歩道などに歩行者がいる時は、歩行者優先です。
⑦携帯電話使用禁止
日本でも使用は法律で禁止されていますが、アメリカ・ハワイでも携帯電話(スマホなどの電子機器)の使用は 禁止です。
⑧車上荒らしに注意
パーキングに車を止めて出かけるとき、少しの時間でも貴重品を車に置いて離れてはいけません。なぜならハワ イでは車上荒らしが横行していて、トランクや助手席などあらゆる車の中のものが狙われ盗難に遭う可能性が高 いからです。

日本と違ってのんびりした雰囲気ではありますが、常に車上荒らしがおこると思って行動してください。窓ガラ スを割られたり、鍵穴を壊されたりとやっかいな事件に巻き込まれることがある、ということを忘れないで行動 しましょう。

2. レンタカー契約時の注意点

海外での車の運転は危険を伴います。何かあったときのためにレンタカーを運転するときは必ず保険に入りま しょう。

・契約時に必要なもの
免許証、クレジットカード(デポジット金)
・保険
任意保険は、レンタカーが事故で破損した場合( C.D.W または L.D.W) の修理費の補償、契約者や同乗者( P.A.I または P.E.C) が怪我をした場合の治療費や盗難保険に支払われる傷害保険があります。そのほか対人 対物事故の場合の 補償、 L.I.S を追加で保険に入ることもおススメです。

3 、店頭でレンタカーを借りる時に確認したいこと

ハワイでレンタカーを借りる場合、手続きが終わったら安心、とはいきません。それはメンテナンスが日本のレ ンタカーのように行き届いているわけではないからです。借りる車のチェックはドライブする前にきちんと自分 の目で確認しましょう。

①タイヤまわり
パンクはしていないとしても、タイヤまわりのホイールや車の下の確認をしましょう。車の下からオイルや水漏 れはしていないか、万が一出先でパンクした場合のスペアタイヤや工具の有無も確認した方が安心です。
②ワイパー
スコール時のために、ワイパーが動くかどうかの確認もしましょう。
③スイッチ類
車はいつもの慣れた日本車とは限りません。ヘッドライトが点灯するかどうか、社内のスイッチやウィンカーの 位置も確認しましょう。ガソリンの給油口の開け方、ギアの位置もしっかり教えてもらいましょう。
④チャイルドシート
お子さんとのドライブ時は、チャイルドシートも必要です。オーダーしていたのに装備されていない、リクエス トしていたものと違う等のトラブルがないように現地で最終確認をしましょう。

【ハワイでレンタカー】予約方法とおすすめレンタカー店7選

最終確認!こっちは動画で♩ハワイでのレンタカーマニュアル

4. まとめ

ハワイへ旅行に来ている旅行者の約 80 %がレンタカーを利用して、ドライブを楽しんでいます。でも国によって 交通ルールも車の仕様も変わってきますので、交通ルールを厳守して楽しくハワイでドライブを楽しんでくださ い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*