【初心者必見!】 もう怖くない高速道路をスムーズに運転する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

初心者の人たち、もちろんペーパードライバーの人たちは、なんとか田舎道を走ることができても高速道路は相当怖いと思ってしまうでしょう。 怖いのは非常に理解することができますが、怖いのままでは一生高速道路に乗ることができないですよね。高速道路を避けて通れば、車のメリットも半減してしまうかもしれません。今回そのような人たちのため 「高速道路をスムーズに運転する方法」をガッツリアドバイスしましょう。特にはじめての方に注目していただきたいです。

スポンサーリンク

高速道路の本線に合流する

最近の車はだいたいはナビでしょう。ただし、初心者の人たちはどこへ行くのもあらかじめ道をチェックしておくことが大事です。そもそも高速道路を走れば、そんなに簡単にナビは見ることができなくなります。こころに余裕を持たせるためにも、運転している最中ナビをあまり当てにしないという意識も大事です。高速道路に挑戦する人たちは、あらかじめ頭の中で道をシミュレーションしておきましょう。

高速道路の初心者にぴったりの動画!

さあ、高速道路の本線に合流です。実際に怖いか怖くないかと言えば、初心者の方々は100%怖い思いをしているはずです。 しかし、高速道路の本線に合流する件での事故ってほとんど見ないですよね。みなさん怖いけど、それなりうまくやっているんです。 逆に、なかなか合流出来ないで加速車線の一番先で入るタイミングをうかがっている車の存在自体が、追突のリスクがあって大変危険だったりします。 高速道路の本線を走る車は80km以上のスピードを出しているので、合流の波に入るのにはスピードを出していることが基本です。レーンに入ることができれば、たいてい30~40kmの速度制限の標識があるのでそこから即加速です。

潔く決断することが大事

どこの瞬間が怖いかといえば、車と車の切れ目に目処をつけるあたりではないでしょうか。ミラーと目線で、ここで合流する決断をしなければなりません。ポイントは本線が見えて来たら判断することであり、加速車線でいつまでもタイミングを狙うのではありません。 もちろん、高速道路において普通道路以上、確認する意識をおろそかにしてはならないです。合流したあとも、前の車と安全な車間距離をキープ出来るように確認作業をしてください。 首都高などの交通量の多い場所からスタートしてしまうので、やはり初心者ではキツイかもしれませんので、慣れるために交通量の少ない場所を選択するといいかもしれないですよね。 練習すれば別に大した問題ではなくなってしまうことですが、初心者の人たちは、なかなか練習する機会もなくいきなり本番の体験をしなければならないから戸惑いもあるでしょう。

高速道路を走る 不安を解決!

高速道路の多くは2車線か3車線です。では、どのレーンを私達は走行すればいいのでしょうか。そもそも、自分がいいと思ったレーンで走行してしまっていいものなのでしょうか。 このあたりのことは既に教習所でも勉強していると思いますが、追い越す際や緊急車両に道を譲るときは別として、追い越し車線以外の走行車線を走行しなければなりません。 知らない(?)人たちは、堂々と追い越し車線をずっと走り続けてしまうかもしれませんが、だいたいそのような行為は通行帯違反者です。意外と厳しくチェックされていることがあるので、かなり注意してください。 どれも教習所で一度勉強したことですが、高速道路体験をしなければ忘れてしまうことです。そのような人たちはもう一度しっかり高速道路について復習をしましょう。

もう一度ルールも復習!

高速道路の制限速度は、大型乗用自動車、特定中型貨物自動車以外の中型自動車、普通自動車大型自動二輪車、普通自動二輪車は、最高速度は100kmで最低速度は50kmです。ただし天候や道路状況によっても速度制限は変わります。 速度指定のある区間もあるので、標識の指示にもしっかり従うようにしましょう。 特に初心者の人たちは、長時間高速道路を走行していたりするとスピード感覚もわからなくなりがちなので、しっかり速度計を確認することも大事です。エンジンブレーキも上手く活用するようにしてくださいね。 前の車との車間距離は、100m以上です。路面状況が悪かったりすることもあるので、そのようなときは、倍の車間距離が必要です。

高速道路について復習してみよう

高速道路は特別の道路です。私達は、乗るためにそれなり知らなければならない知識もあるでしょう。それは既に教習所でも勉強して来たことなので、忘れてしまった人たちは復習が必要です。 高速道路について正しい知識を持てばそれも自信にすることができるでしょう。 正しい知識=安全運転をする意識です。そのようなモチベーションなら、高速道路の事故のリスクはかなり減少させることができます。 高速道路で無事故、楽しい安全なドライブを心掛けるようにしてください。 高速道路は怖いかもしれません。しかし、一度高速道路に乗ってしまえば、信号も交差点もなくって気分爽快と感じるのではないでしょうか。まさに高速道路は、長距離移動の強いパートナーともいうことができ、高速道路に慣れればさらに行動範囲も広くすることができるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回、初心者の方々のために高速道路をスムーズに運転する方法についてお話ししました。高速道路に挑戦する人たちは、あらかじめ頭の中で道をシミュレーションし、ミラーと目線で潔く決断することが大事です。さらに、高速道路をスムーズに走る為に下準備も必要です。どのレーンを私達は走行すればいいか……その程度のことがわからないなら、やはり高速道路上で不安を一杯抱えてしまうでしょう。この記事を読んで、初心者の方々も多少自信を持っていただければさいわいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*