車を高く売却したいなら知っておこう!売却までの流れと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

車の売却を考えている方も多くいるでしょう。そのように考えているものの、少しでも高くうるためにはどうしたらいいかわからないという方もいます。実はいくつかの注意点に気をつけることで、高く売るためのチャンスを作ることにつながります。

少しでも良い値段で車を売却したいのであれば、売るときの流れの把握も欠かせません。流れを把握したうえで、どのようなステップに気をつければ高く売れるのか考えるようにしましょう。気をつけるべき点とタイミングを把握しておくだけでも、相場よりも高い価格で車を売ることができるかもしれません。

自分の車の買取相場を調べる

車を高く売りたいと考えている場合には、どのような点に注意したらいいのでしょうか。1つ目の注意点となるのが、買取相場を把握するという点です。売却時に買取相場を把握していなければ、通常よりも高いのか安いのかわかりません。基準となる買取相場を把握しているからこそ、高く売れるのかどうか判断することにつながります。

一括査定で自分の車の価値をチェックする

そこで車の売却を考えている場合であれば、最初に買取相場をチェックしましょう。実際に相場を調べるといわれても、どのような方法で情報を集めたらいいのかわからないという方もいるでしょう。例えば買取相場を簡単に調べる方法の1つに、比較サイトを利用するという選択肢があげられます。一括査定などを利用することで、自分が売りたい車種がどのくらいの価格が相場なのかという点を調べられます。

1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

1つ注意しなければならないのが、必ずしも相場通りの価格で買い取ってもらえるとは限らないということです。車の走行距離や状態によっては、相場よりも安い金額でしか買い取ってもらえないケースも多く見られます。そのため相場よりも高く売れると判断するのではなく、基準の1つとして判断することを忘れてはいけません。

車の売却先の選び方

実際に車を売る場合の流れの1つが、売却先を選ぶというステップです。ここで問題になるのが、車の買取を行っている業者の選択肢は数多く存在しているという点です。さまざまな業者が存在しているので、比較して自分にとってより条件の良いところを選ぶことが大切です。

では自分にとって良い業者の選び方では、どのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。そのポイントの1つになるのが、どのような車を売却したいのかという点です。比較的最近発売されたばかりの新車なのかという点や車のメーカー、SUVなどの点によって高く買い取っている業者は異なります。新車に近い状態のものを価格が高い業者もあれば、特定のメーカーやSUVに特化した形で買取を行っているというケースも見られます。そのため自分の車の状況を考慮することで、高く買い取ってもらえる業者が見えてきます。

どんな車が売れているのかを把握する

人気のある車は需要が高いのでその車の月間販売台数も把握しておくと為になりと思います。

こんなに売れてる!1ヶ月の自動車の販売台数ランキングTOP50

また車の売却先選びでは、評判を調べるのも1つの手です。実際に売った経験のある方であれば、どのような業者が買取価格が高いのかという情報を持っています。そのような評判を参考にしたうえで、売るのに適した業者について判断するようにしましょう。

車の売却に必要な書類

古本などを売る場合であれば、店舗に売りたい本を持っていて身分証明書だけあれば売却することが可能です。ですが車の場合には、身分証明書のみで手続きを完了させることができません。そのため業者に買い取ってもらう前に、必要書類について把握しておくようにしましょう。

車の売却時に必要な書類の中には、自賠責保険証や車検証 などがあげられます。もしもこれらの書類がないという場合には、再発行してもらうこともできるので早めに準備を行うことが大切です。再発行に時間がかかってしまうと、売りたい時期に売却できなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

また印鑑証明書 も必要になりますが、この書類と車検証に書かれている住所が同じか確認を行います。もしも住所が異なっている場合には、住民票など別の書類も必要になることもあるので早めの確認が欠かせません。車検証などのほかに必要なものについては、車を売る業者に行けば詳しく説明してもらえます。ですが業者任せで必要なものをそろえるのではなく、自分で確認して用意をしたうえで不足しているものがないのか確認することも大切です。自分で必要なものを理解したうえで準備を行えるようにしましょう。

車の売却に必要な費用は?

車を売却するときに考えなければならないポイントの1つに、売る際に必要な費用があげられます。売るだけなのだから、自分でお金を支払う必要はないと思っている方もいるでしょう。ですが実際には自分で支払う費用があるため、どのようなお金が関わってくるのか把握しておくことも大切です。

買取業社の経費た手数料がどのくらいかを詳しく聞く

例えば車の査定を行ってもらうとき、自宅まで来てもらう出張査定を利用する方も多くいます。出張査定は無料と書かれていたとしても、実際には買取金額から出張費用が差し引かれているケースも多いので注意が必要です。また車を業者側が運転して引き取る場合には、人件費が請求されることもあります。

実際に車を売るときには、印鑑証明書を用意することになります。この印鑑証明書を発行するためには、300円~500円ほどのお金がかかります。また状況によっては住民票の発行も必要なため、その分の手数料がかかるかもしれません。さらに車検証を紛失している場合には、再発行のために手数料が請求されます。ほかにも車のローンが残っている場合、売却金だけで返済額が足りないケースも見られます。そのような場合、新たにローンを組みなおすと別途で手数料がかかることもあるので注意が必要です。

車を高く売るには?

車を少しでも高く売りたいと考えているのであれば、時期をチェックする のも1つの手です。実は売却する時期によって、買取価格に変化が出るケースも見られます。例えば大型連休の時期であれば、車を購入したいという方が増えてきます。多くの方が購入する時期の場合、業者は扱っている車の在庫数を増やしたいと考えるようになります。そのため大型連休前の時期だと、高く買い取ってもらいやすいという特長があげられます。

車を売るなら決算期の前がおすすめ

また決算時期の前 というのも、注目すべきポイントの1つです。車業界における決算期の3月や9月になると、高く買い取るキャンペーンを開催している場合もあります。そのようなキャンペーンを逃さずに、少しでもお得に売れるようにしましょう。

実際に車を売ることを考えた場合、車検を通した後のほうが良いと思っている方も多くいます。ですが車検を行う前か後という点では、買取価格に大きな変化はありません。車検でお金がかかるので、終わってから売ったほうが損をする可能性もあります。売る時期が遅くなると型落ちして、買取価格が下がる可能性もあります。そのため車検が終わってからと考えるのではなく、売却したいと思ったら早めに行動することも大切です。

まとめ

車を売るとき、どのような形でも買取価格に違いはないと思っている方も多くいます。ですが実際には、利用する業者などの違いで買取価格には差が出ます。少しでも高く買い取ってほしいと考えているのであれば、相場を把握したうえでより良い形で利用できる業者を選ぶのが最初の一歩です。

実際に買取を利用するためには、車検証や印鑑証明書などを用意する必要があります。このうち印鑑証明書は発行の際に手数料が必要になります。また少しでも高く売るためのポイントはいくつか存在しているので、条件を調べて自分にとってお得な形で売却できるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*