決定版!自動車ローンを比較!種類別メリット・デメリットと豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自動車はSUVなどは高額であるため現金一括払いで購入するのは難しく、自動車ローンを使うのが一般的です。この自動車ローンには銀行ローン、ディーラーローン、残価設定ローンがあり、金利の適用方法も固定と変動の2種類があり、異なる特徴があります。そこで今回はそれぞれの自動車ローンに関してどのようなメリット·デメリットがあるのか紹介します。違いを理解して自分にとって最適である自動車ローンがどれであるのか比較して決めると良いでしょう。

また、希望するローンが組めない場合もありますので、その場合に考えられる対策についても紹介します。

スポンサーリンク

銀行ローンのメリット·デメリット

銀行で自動車ローンを組む場合、他の方法と比較して大きなメリットになるのが専用のローンになるので一般的なカードローンと比べて低金利で借りることができるので、利息の負担が抑えられ、支払い総額が少なくなります。購入額だけでなく税金などの支払いにも使うこともできます。また、返済が終わる前でも車の名義は自分です。これは普通に車を利用しているときにはあまり気にすることのないものですが、何らかの事情で車を売却することになった場合、名義が異なっていると許可を得て自分に変更する必要があります。しかし、元々自分の名義であれば完済していなくても自由に扱うことができます。

マイカーローンについて考える!

デメリットは審査が厳しめであることで、借りられないこともあるので注意が必要です。高額になればその分だけ通りにくくなります。特に個人信用情報機関に支払いの延滞や債務整理などの記録が残っているときには使えないので、他のローンを利用するしかありません。結果が出るまでに時間がかかることもデメリットになり、1週間程度は必要になると考えた方が良いです。すでに契約済みのカードローンがあり、限度額の空きが十分にあれば、こちらを使って借りることもできますが、自動車ローンよりも利息は高いので得ではありません。

ディーラーローンのメリット·デメリット

自動車ローンをディーラーローンにする場合、カーメーカーのサービスで行われているものが多く、その系列のローンを紹介してもらえます。これを利用するメリットは比較的金利が低くなっており、審査もスムーズに進むので手間をかけずに手続きを行うことができます。この場合の借り先は信販会社と呼ばれる業態であり、貸金業です。通常であれば総量規制によって年収の3分の1までしか借りることができないと思うところですが、自動車ローンの場合には例外になっているので、この制限を超える金額でも問題なく借りることが可能です。そのため、必要な金額まで借りられないのでは、という心配はありません。

ディーラーに聞いてみよう!

デメリットになるのが車の名義であり、一般的に自動車ローンを完済できるまではメーカーなどになっています。売却したいときには一括で返済して名義を変更する、残高がある場合には借り換えを行うなどの手続きが必要になるので不便です。支払いができなくなると車を取り上げられてしまうので注意しましょう。借りられるのは車の購入費だけであり、税金の支払いには使えません。基本的には新車の購入に利用するものであり、中古車には対応していない場合もあるので、確認が必要です。

残価設定ローンのメリット·デメリット

自動車ローンを検討しているときにセールスマンに勧められることも多い残価設定ローンですが、特徴を理解していないと大きな損をしている可能性もあるので注意が必要です。

メリットになるのが月々の返済額が少ないことであり、負担を抑えられるので短期的に見ると楽になります。車検の費用も不要であり、3年、または5年ごとに新車に乗り換えができます。これは元々していされた期間で車を下取りすることを想定しているものであり、その部分が月々の支払いに含まれていないことで安くなっています。

残価設定ローンの損得

デメリットは残価設定ローンの場合も名義は自分にはないため、車を自由に扱うことができません。メリットのところで短期的に楽になる、と説明したのは全体の支払い額では高くなる傾向が多いデメリットがあるからです。月々の支払いからは除外されていますが、その部分の金額がなくなっているのではないため、利息は発生しています。気に入った場合は再契約も可能ですが、この場合はさらに支払い額が増えるので注意しましょう。走行距離にも制限があり、これを超過していたり、事故を起こして車の評価が下がった場合もその分を払うことになります。

傷害保険の補償内容

自動車保険の1つが、人身傷害保険になります。この保険では、運転手や同乗者が事故に巻き込まれてけがなどをしてしまったときに補償金が支払われます。ここでのポイントになるのが、過失の度合いに関係なく補償金が受け取れるという点です。また自分が運転しているときだけではなく、外を歩いているときに車の事故に巻き込まれた場合も対象になるという特長があげられます。

実際に支払われる金額は、保険会社の基準によって異なります。加入する自動車保険によっても金額が変わってくるので、加入前にどのような基準になっているのか確認することも忘れないようにしましょう。

障害保険について学ぶ

人身傷害保険のほかにも、搭乗者傷害保険というものが存在していきます。基本的な内容は、運転手や同乗者が自動車事故に巻き込まれたときに適用されるもので人身傷害保険と同じです。内容が異なる点に分類されるのが、支払われる金額が異なるという点です。搭乗者傷害保険が加わることで、足りない分の補償金を受け取ることが可能です。けがの程度や入院日数などの条件に応じて、具体的にどのくらいの金額が支払われるのかという点は異なります。条件を区別する基準について確認しておくことも大切です。

車両保険の補償内容

自動車保険の中には、事故で車が故障したときに補償を行ってくれる車両保険が存在しています。中古車などであれば、壊れたら修理せずに新しい車を購入したらいいと考えている方もいるかもしれません。ですが買ったばかりの新車や高い買い物のスポーツカーなど、壊れたときのショックが大きいものもあるでしょう。そのような新車やスポーツカーを購入した方の中には、車両保険を検討する方も多くいます。

車両保険といっても当て逃げまで補償されるものもあれば、接触事故しか適用されないというケースも見られます。実際に修理が必要になったとき、エンジンにまで影響しているような状態だとお金がかかってしまいます。そのようなエンジンの修理にも必要なお金が補償金として受け取れるか知りたい方は、車両保険の内容をよく確認するようにしましょう。

具体的な車両保険の内容は、利用する自動車保険によっても異なります。実際に加入するときには、1つの保険会社だけではなく複数の会社のプランを比較してみるのも1つの手です。比較を行うことでそれぞれの自動車保険でどのような特長があるのか把握して、自分に合ったものを選ぶことにつながります。

まとめ

自動車保険で注目すべきポイントは安さで、料金の問題からダイレクト型を選べばいいと考えている方も多くいます。代理店型のほうが料金は高めですが、加入時のサポートが受けられるなどのメリットが存在しています。

また自動車保険では、補償内容について確認することも忘れてはいけません。賠償責任保険などの項目別に、どのような補償があるのか把握したうえで加入する保険を選びましょう。個人の状況によっても適した自動車保険には違いがあります。そのため自分の状況を判断したうえで、どのような補償内容が必要か考えるのも1つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*