お正月! 高速道路の予測と対策!こんな方法でラクラク帰省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お正月に、帰省や旅行で高速道路を使用していいか非常に困っている人たちも多いかもしれないですよね。高速道路、それは車を利用する人たちにとってとても便利な手段ですが、問題は多くの人たちの利用が集中してしまうことで、高速道路としての機能を果たさなくなってしまうことです。 結構お正月には高速道路を使用しないと決めている人も多くいるのですが、少しだけお正月の渋滞対策に対して方法を考えれば、何かしら解決策が見つかるかもしれません。 今回、お正月に高速道路を使おうかどうしようか迷っている人たちに、比較的ラクに走ることができる方法を解説します。

スポンサーリンク

高速道路の渋滞を予測する

とにかく行き当たりバッタリで高速道路を利用する姿勢では、お正月に大渋滞にはまってしまうのも当然かもしれません。高速道路は、お正月のような期間において必ず渋滞してしまうものであり、巻きこまれてしまえば相当ストレスも感じてしまうでしょう。 そのとき高速道路に乗らなければ良かったと思ってもあとのまつりです。みなさんがそこでしなければならないのは、ゆとりのある計画作りです。 みなさん自身に交通分散し渋滞緩和する意識があるだけでも、渋滞は緩和方向へと徐々に向かって行く筈なのです。 お正月に高速道路を利用したいという人たちのために、きめ細やかで精度の高い渋滞予測情報がスピーディーに提供されるシステムもここに必要になって来ます。

E-NEXCOドライブプラザ

いまは、スムーズに、 『E-NEXCOドライブプラザ』の「渋滞予報カレンダー」などを活用出来、全国どこへ行こうとも、しっかり渋滞予測をして対策とすることができます。

E-NEXCOドライブプラザ

 

「高速料金・ルート検索」では、渋滞予測を見込みルートの見ることができ、「渋滞ポイントマップ」では、主な渋滞ポイントや渋滞原因の情報を収集することができます。 年末年始時期の1ヶ月前からそのような情報が流れているので、あらかじめ高速道路は渋滞するという認識のもとしっかり計画をたてて行動するようにしましょう。何よりも出来る限り渋滞にはまらない意識をもって向きあってください。

お正月の高速道路渋滞対策

情報をキャッチしたあとどのような向きあい方をすればいいかお話ししましょう。例えば今日は渋滞が予測されるという時、一番渋滞にあわない方法は、時間をずらすことです。 ちょっとずらしても変わらないという思いもどこかにあるのかもしれませんが、もしも1時間ずらすことができれば、高速道路って随分変わるものなのです。 出発を早くするのもいいでしょうし、逆に後ろというのも対策です。 結局、高速道路に乗り入れる以上、お正月の帰省自体も当然ずらすことができないでしょうし方法はこの程度でしょう。逆に言えば、これが最強な方法なので、今度のお正月は、このことだけ意識して高速道路と向きあってみてはどうでしょうか。 オフピークでの利用促進キャンペーン「渋滞減らし隊」など開催されていることもありますが、結局は同じ発想に過ぎないのです。さらに、いろいろなイベント・キャンペーンが展開されていて、前日までにサイト登録を済ませ、高速をETCでオフピーク利用すれば、SA/PAでのお買い物券をゲット出来たりする企画もあります。このようなものがあれば、ちょっと気持ちも明るく高速道路対策と向きあうことができるかもしれないですよね。

もしも渋滞にはまってしまったら……

いろいろな渋滞予測が年末あたりに公開されていますが、ある日に移動が集中してしまうのも、例えばサラリーマンの心理としては、会社のはじまる一日前にはしっかり休みたいという思いもあり仕方ないことなのかもしれません。 そこで対策について考えても渋滞にはまってしまうことはあるでしょう。渋滞とわかっていても、その日のうちに帰らなければならない時もあるのは事実です。 現実的にはお正月の高速道路は覚悟しなければならないものかも。 そのとき高速道路ではなく、一般道におりてしまったほうが、お金も節約出来るしいいだろうという判断も生まれて来るでしょう。 しかし、お正月は、特に一般道の情報もしっかり収集しておかなければ渋滞と並行している一般道も車で一杯だったりします。抜け道を知らないと高速道路程度、ドツボにはまってしまうかもしれません。結局は、一般道の方がよけい時間がかかってしまうというのがほとんどのケースでしょう。

高速と一般道、どっちが早い!?勝敗は!?

ただし、1km10分を超える事故渋滞が高速道路で起きてしまっている、40kmを超える自然渋滞が起きてしまっている程度の大渋滞なら一般道を優先したほうがいいかもしれません。 ここあたりも上手い判断の切り替えが出来るといいですね。これが正解かはわからないですが、このような感じで、それぞれの人たちが基準を設けて向きあうというのがいいでしょう。 もしもという時に時間が許す限り、迂回用の下道の調査もしておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。お正月はそもそも高速道路が混むのは当たり前のことです。年末年始時期の1ヶ月前から混雑情報が流れているので、サイトを有効的に活用してしっかり計画をたてて行動するようにしましょう。 1時間ずらすことができれば、高速道路って随分変わるものです。 いろいろ語る人たちもいますが基本はその精神で。 しかしどうしてもずらすことができないという人たちは、自分で基準を決めて、基準値に達してしまったら一般道へおりるというのもおすすめの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*