売り上げランキングが上位の おすすめ サービスエリア 4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一般的に売り上げランキングが上位となる場合には、よっぽど高額なものを売らない限りは、利用者が多い場所が該当するでしょう。利用者が買いたいと思える、魅力的な商品を販売しているかどうかもポイントになるはずです。今回はその両方の観点から考えて、売上ランキングが上位であろうサービスエリアを4つほどまとめてみました。

それぞれが上位にランクインする理由・おすすめ商品やスポットなどを中心に、各サービスエリアの特徴について分かりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

海老名サービスエリア

日本で最も高い売上高を誇るのは、利用量が多い東名高速道路に位置する「海老名サービスエリア」、なかでも下り線だというのです。今やサービスエリアは、ドライブの際の休憩だけにとどまらず、お土産を買いに行ったりグルメを楽しんだりといった、商業施設並みに進化しつつあります。海老名サービスエリア下りには名物商品が多く、利用者の買いたい・道路の交通量の多さを兼ね備えた、好条件がマッチしたというわけです。

ヨダレ!!海老名SAのグルメを動画でチェック!

下り線の名物といえば、ぽるとがるの「メロンパン」でしょう。豊富な種類のメロンパンに加え、ドライブ中にも食べやすい3個ミニパックも販売されているというのです。他にも海老名という地名だけあって、海老に関する食べ物が人気だといいます。海老を使ったスナック菓子・中華まん・天丼・ラーメンなど、グルメ通にはたまらないラインナップではないでしょうか?もちろん下り線だけでなく、上り線の売上高も好調であるため、時間を忘れて楽しんでしまいそうですね。残念ながら上り線と下り線の移動はできないため、どちらのサービスエリアのお店か確認してから向かいましょう。

足柄サービスエリア

東名高速道路で海老名サービスエリアに次いで人気なのは、足柄サービスエリアでしょう。割と最近の2011年に大規模リニューアルが行われ、ドライバーにゆったりと休んで貰おうと、食事施設だけではなく、宿泊施設・入浴施設・ドッグランなども充実しているというのです。上り線にはレストイン時の栖(すみか)という宿泊施設があり、高速道路を降りずして宿泊できるのが助かります。

下り線には足湯カフェがあり、日替わり足湯に浸かりながらフルーツジュースを飲めるという、ゆっくりとくつろげる場所を提供しています。

足湯カフェでリラックス!!

足柄サービスエリアは景色も良く、晴れていれば金時山・富士山を一望できるというのです。富士ミルクランドで売っている「あさぎりミルク」というジェラート・シュガーマウンテンで売っている金太郎ドッグはお子さまも大喜びでしょう。富士山をイメージしたパンやお菓子、メニューに盛り付けられているライスが富士山型など、世界遺産である富士山をアピールしようと、インパクトあるメニューも多いというわけです。

浜名湖サービスエリア

浜名湖サービスエリアも東名高速道路上に位置しており、地元の名産品を豊富に取扱い、浜名湖を一望しながら食事を楽しめるという点でも非常に魅力的です。浜松といえば鰻!高速道路を降りれば、鰻パイ製造工場があったり鰻専門店が数多く立ち並んでいたりと、浜名湖でとれた新鮮な鰻を全面にアピールしている様子がうかがえます。サービスエリア内でも鰻を食べることができ、浜鰻という専門店ではテイクアウトも可能だといいます。

もう一つの名物といえば、やはり「浜松餃子」でしょう。キャベツたっぷりのシャキシャキ感・豚肉のコクがたまらないので、ぜひ浜名湖サービスエリアに来た際には出来立てを味わって欲しいところです。上下線共に「湖の見えるレストラン」で食事をすると、和食・洋食などメニューも幅広く、浜名湖の四季折々の景色が特によく鑑賞できますので、ゆったりとした雰囲気も楽しめることでしょう。

刈谷ハイウェイオアシス

刈谷パーキングエリアは愛知県刈谷市、伊勢湾岸自動車道(新東名高速道路)にあり、東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ入場者数として非常に有名です。その人気の理由としては、サービスエリアという利用目的に捉われず、大型レジャー施設並みの設備が開発されたからでしょう。刈谷ハイウェイオアシスは下り線側にありますが、上り線側からは徒歩での移動が可能です。さらに、一般道からは高速道路に乗らないでも入場できるというのです。

刈谷ハイウェイオアシスの名物といえば、サービスエリア上にある観覧車ではないでしょうか?観覧車以外にも、遊具・メリーゴランドといったお子さまも大喜びの乗り物が立ち並んでいるのです。

子供も喜ぶ最高の息抜きに!!

基本的にバリアフリーの造りをしているため、車椅子を利用の方も安心して楽しむことができます。「天然温泉 かきつばた」も施設内にあり、旅の疲れをゆっくりと癒すこともできるでしょう。外には気軽に利用できる足湯もあるため、ちょっと休憩したい時にも大活躍ですね。

まとめ

売上高ランキングで考えると、どうしても利用者が多いサービスエリアになるため、上位3つは東名高速道路からのランクインとなりました。しかし、どのサービスエリアも利用者が楽しめるような施設の開発に力を入れており、ドライブの休憩どころか目的地にもなりうる、魅力たっぷりのサービスエリアだといえるのです。

グルメの方はその土地特有の名物を食べるも良し、旅の疲れを癒したい方は温泉で疲れをとるのも良し、お子さまやペットと一緒の旅行ならばみんなが楽しめるサービスエリアを選択するのも良いでしょう。繁忙期は混み具合が気になりますが、ぜひ売上ランキング上位のサービスエリアを利用して、素敵な旅の思い出としてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*