東京おすすめドライブコース5選!自然もいっぱい!おすすめポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

東京は、東名高速や東北道などの広域高速道路だけで無く、首都高速道路や首都圏中央連絡自動車道など地方高速道路が数多く整備されている地域であり、都内に留まらず他府県へのドライブにも便利な地域です。都内には、面倒な用意をする事無くキャンプやBBQなどが楽しめる自然豊かな秋川渓谷や奥多摩湖などの観光スポットに加え、幻想的かつ美しい夜景が望めるレインボーブリッジや羽田空港などのドライブスポットがあります。また、小さな子供~おじいちゃんおばあちゃんまで楽しむ事が出来る国営昭和記念公園があり、季節や家族構成に合わせて楽しめるドライブスポットが数多くあります。

スポンサーリンク

羽田空港の見どころ

羽田空港は、東京都大田区に位置する24時間運用されている国際空港であり、4本の滑走路を有し国際航空輸送網と国内航空輸送網の拠点とされる日本最大の空港です。この空港は、1日あたり1,000便以上離発着する飛行機やライトアップされた滑走路及びターミナルビルの夜景が美しいとされ、現在では24時間開放の国際線ターミナル展望デッキからだけで無くドライブスポットとして人気の場所とされています。この空港の第1旅客ターミナル展望デッキは、第1旅客ターミナルビルの6階とルーフフロアが解放されているの飛行機の離発着だけで無く管制塔まで見る事が出来る視界の広さが特徴であり、第2旅客ターミナル展望デッキはウッドデッキに埋め込まれた4,000個のLEDによって幻想的にライトアップされている事から星屑のステージと呼ばれ、離発着する飛行機と東京湾を楽しむ事が出来る展望デッキです。

羽田空港!江戸小路を散策!

また、第2旅客ターミナルには、屋外の展望デッキだけで無く天候にかかわらず飛行機の離発着を楽しむ事の出来るFLIGHT DECK TOKYO5階フロアにあり、空港の夜景を長時間にわたって楽しむ事が出来ます。羽田空港内には、日本人にとって旅の始まりをイメージさせる19世紀前半日本橋を復元した「はねだ日本橋」があり、江戸時代の市井をイメージしたレストラン街や絵馬の販売所など江戸時代を感じさせる空港です。羽田空港は、滑走路建設時に物議を醸し出した霊験あらたかな穴守稲荷神社や開運招福のご利益にある鴎稲荷神社などの寺社仏閣に加え、世界最大級の中央卸売市場大田市場や複数の公園があり、観光を目的としたドライブにも最適な場所です。

秋川渓谷·瀬音の湯の見どころ

秋川渓谷·瀬音の湯は、東京都あきる野市に位置する温泉施設を中心とするレジャー施設であり、首都圏中央連絡自動車道あきる野ICもしくは日の出ICから五日市方面に30分程度とアクセスが良く、東京23区から約1時間とアクセスが良くドライブには丁度良い距離です。また、車の運転で疲れた体を温泉で癒す事も出来、運転手には嬉しいドライブの立ち寄り場所とも言えます。

ここも東京!?癒されれる!秋川渓谷

秋川渓谷·瀬音の湯は、天然アルカリ単純泉の露天風呂と内風呂などの温泉施設に加え、温泉棟から50m程度に位置する平屋もしくはメゾネットのコテージを完備しており、ドライブの立ち寄り場所としてだけで無く面倒な用意をする事無く山遊びや川遊びが楽しめる宿泊施設として利用する事が出来ます。館内の食事処では、ランチや一品料理~予約制に会席料理まで個室で味わう事が出来るだけで無く、併設されているカフェではカフェ丼や飲み物などで寛ぐ事が出来ます。秋川渓谷は、多摩川水系で最も流域面積が広い一級河川であり、特に南秋川の渓谷は紅葉の名所として知られ、爽やかな秋のドライブコースとしても最適の場所です。石船橋がシンボルの秋川渓谷には、トレッキングなどの山遊びに加えて渓流釣りなどの川遊びが楽しめるだけで無く、鎌倉時代~室町時代にかけてこの地を治めた大石氏の氏神を祀る二宮神社や平安時代から武蔵野国多摩郡八座の一宮の阿伎留神社などドライブの序でに社仏閣めぐりが出来ます。

国営昭和記念公園の見どころ

国営昭和記念公園は、昭和天皇の在位50年を記念して旧立川飛行場跡地に整備された複合レクリエーション施設であり、東京ドーム約40個分の広大な敷地内に全長14kmのサイクリング専用コースや夏季限定のレインボープール及びこもれびの里など数多くのレクリエーション施設があります。レインボープールは、首都圏最大級の敷地に9つのプールを要するレクリエーション施設であり、小さな子供も安心な水深30cmのプールから渓流プールまであるのでドライブの目的地としても最適です。

春がオススメ♪昭和記念公園

こもれびの里では昭和30年代の武蔵野周辺の原風景を再現すると共に当時の生活を再現しているレクリエーション施設であり、季節ごとの作物の栽培や収穫祭などのイベントが数多く行われています。花木園では、隣接する水鳥の池に飛来する鳥類の観察や四季折々の花を楽しめ、ハーブ園ではハーブガイドや実際にハーブに触れるフレグラントガーデンなどがあり、目と耳と手で自然を楽しめるエリアです。アクセスは、中央自動車道国立府中ICより国道20号線経由で約8kmと近く都心からも約1時間とドライブの目的地としても最適であり、普通自動車用駐車場を2500台分以上確保しているのでマイカーによる来園もスムーズに出来ます。

レインボーブリッジの見どころ

レインボーブリッジは、社会現象を巻き起こした人気刑事ドラマの劇場版の仮想舞台とされた首都高速道路11号線台場線の連絡橋であり、東京湾岸のビル群や工場地帯の眺望や夜景が幻想的として人気のドライブコースとなっています。レインボーブリッジは、利用する事で湾岸の夜景を楽しむ事が出来ますが、クリスマスや年末年始などにスペシャルライトアップが行われているので離れた場所から楽しむドライブコースも人気です。この連絡橋は、海面から高さ52.4mの位置にかけられた吊り橋ですが、ドライブやゆりかごめに乗車するだけで無く全長1.7kmにも及ぶ遊歩道レインボープロムナードを歩いて渡る事が出来、夜景の綺麗なスポットには展望台が設置されています。

夜のドライブもオススメ♪

レインボーブリッジは、ノースルートからは東京タワーやスカイツリーなど都心の夜景が望め、サウスルートは臨海副都心やお台場海浜公園一帯の夜景が望めるので、ルートによって大きく夜景が異なるドライブコースです。この連絡橋は、東京都港湾局の運行する視察船「新東京丸」に竹芝小型船ターミナルから乗船して海上から見る事も出来、新東京丸は、品川埠頭や大井埠頭を右手に廃棄物処分場を逆時計周りに回遊し、青海埠頭を経て竹芝小型船ターミナルもしくは青海客船ターミナルに着岸する運行ルートです。

奥多摩湖の見どころ

奥多摩湖は、東京都水道局が管理する世界最大規模の水道用人造貯水湖であり、水道局が清浄な水源を確保維持する為に大菩薩嶺周辺の広大な森林を東京都水道局が保全している事から、胸部に三日月型の斑紋がある月の輪熊の生息域となっています。この人造湖は、南側に路線延長19.7kmの奥多摩周遊道路や新宿大ガード西交差点を起点とする青梅街道及び国道139号線が整備されており、湖周辺の自然を楽しむドライブも出来るエリアです。また、湖底には南北朝時代に開湯したとされる幻の温泉が存在し、現在では湖底から源泉を汲み上げて鶴の湯温泉として営業しており、源泉と奥多摩湖を美しい眺望で運転で疲れた体を癒す事が出来ます。

奥多摩湖を動画でチェック!!

この人造湖には、青梅街道の小可内神社バス停と対岸の三頭の名水を結ぶ麦山の浮き橋があり、ドラム缶橋とも呼ばれている浮き橋の不思議な感覚と湖面を吹き抜ける爽やかな風を感じる事が出来る稀有な観光スポットです。また、麦山の浮き橋の他にも留浦の浮き橋もあります。近隣には、ログハウスやキャンプ場を完備している東京都立奥多摩湖畔公園山のふるさと村や小河内集落の民族文化などが展示されている奥多摩水と緑のふれあい館などの観光スポットもあり、ドライブの最終目的地としてもベストな場所です。

まとめ

東京は、数多くの高速道路と主要な広域幹線道路が集中する地域である事から気軽にドライブに出かけられる地域であり、自然を楽しめる秋川渓谷や奥多摩湖に加えてプールも堪能出来る国営昭和公園などのレクリエーション施設も数多くあります。都内には、ビル群や港湾施設の幻想的な夜景に感動する事が出来るレインボーブリッジや24時間開放されている展望デッキから離発着する飛行機を望める羽田空港空港があり、昼夜を問わずドライブを楽しむ事が出来るエリアです。また、高速道路や幹線道路が充実している事から移動時間が短縮でき、運転による疲労も軽減できるのでより多くの観光スポットで楽しむ事が出来ます。

デートで東京をドライブするならこちらの記事もどうぞ!

女子満足!東京で絶対ドライブすべき究極の日帰りスポット12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*