シャワーが設置されているおすすめサービスエリア7選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

長距離移動の際には、長旅の汗を流し体を休めるために、サービスエリア上でシャワーやお風呂を使いたいことも多いでしょう。夏場では冷房がきいている車内でも汗をかきますし、気分転換にお風呂に浸かってゆっくりしたいという場合も多いはずです。そういった需要が多いことから、高速道路上でシャワーに入ることができる設備は年々増えつつあるというのです。

この記事では、その中でも特におすすめの7つのサービスエリアについて、シャワールーム・入浴施設を中心にご紹介いたします。

スポンサーリンク

1, 錦秋湖サービスエリア

秋田自動車道の錦秋湖サービスエリアでは、秋田県と岩手県の県境ということもあり、両県のお土産を豊富に取り揃えています。フードコートやレストランでは、比内地鶏や前沢牛を使ったその土地独自の名産品を味わうことができるのもアピールポイントでしょう。連絡通路を通ると、「垰山バークランドオアシス館」という温泉施設があります。411月にはグランドゴルフ場も営業しているので、体を動かしてリフレッシュすることも可能だということです。四季折々の景色を眺めることもでき、ゆっくりと日々の疲れを癒すことができそうですね。

2, 駿河湾沼津サービスエリア

駿河湾沼津サービスエリアでは、10200円でシャワーを利用することができます。ドライバーズスポットにあるシャワールームでは、女性用シャワーセット・男性用シャワーセット・貸しバスタオルを購入することで、手ぶらでもシャワーを浴びれます。シャワールームは個室に分かれていますが、入り口にはカーテンが付いている程度で必要最低限の設備です。軽くシャワーを浴びたい方にはピッタリなので、タオルやシャンプーなどのお風呂セットを持参するのが理想的でしょう。

3, 足柄サービスエリア

東名高速道路にある足柄サービスエリアでは、上り・下りそれぞれに入浴施設があり、深夜にサービエリアに到着したとしても、1日の疲れを癒せるようになっています。上りではレストイン時の栖内にある金時湯、下りでは足柄浪漫館にあるあしがら湯を楽しむことができます。午前中早い場合のみ営業していない時間がありますが、基本料金は平日:大人670円・子供330円、土日祝:大人700円・子供350円ととても手ごろな価格で利用できるとのことです。繁忙期は少し割高になっている時期もあるので、前もってご確認ください。レストイン時の栖への宿泊者は無料で金時湯を利用できるため、一泊することを考えているならば宿泊を検討してみてもいいかもしれません。

足柄SAを動画でチェック!

4, 牧之原サービスエリア

東名高速道路にある牧之原サービスエリアは、上り・下り共に2017年・2018年と近年リニューアルオープンしたばかりで、楽しさ・癒し・くつろぎをテーマに建築された施設が特徴的でしょう。シャワールームも新しい上に部屋数が増えて、より使いやすくなったようです。こちらも簡易的なシャワールームで10200円ですが、入り口に鍵がついているので安心感があります。24時間営業なので、どの時間にサービスエリアに到着してもシャワーを浴びられるのが嬉しいですね。

牧之原SAに行ったら抹茶ソフトウリームも試してね!

5, 諏訪湖サービスエリア

諏訪湖サービスエリアには、上り・下り共に「ハイウェイ温泉諏訪湖」が入浴施設としてあり、高速道路を降りずして温泉に浸かって体を休めることができます。上り線・下り線で諏訪市・岡谷市と所在している市が異なり、入湯税にも差が見られる点に注意が必要です。上り線:大人610円・子供270円、下り線:大人590円・子供270円なので、大人は若干上り線の方がお得です。比較的高地にあるサービスエリアなので、夜景の綺麗さについては格別でしょう。

諏訪湖SAハイウェイ温泉の様子をちょっとチェック!

6, 城端サービスエリア

東海北陸自動車道にある城瑞サービスエリアには、ハイウェイオアシスとして桜ヶ池クアガーデンがあり、レストラン・温浴施設・宿泊施設が完備されています。高速道路を降りなくてもアクセスできるため、城瑞サービスエリアに駐車したまま徒歩で訪れる人が多いというのです。桜ヶ池のほとりにあるため、自然の美しさを身近に体感できるのが魅力でしょう。桜ヶ池クアガーデンに宿泊する人は温泉の利用は無料であり、温泉だけの利用は大人:620円・小学生310円・幼児は無料となっています。ナトリウム塩化物泉で、濃度が人の体液にほぼ等しく肌に優しいのも嬉しいですね。

7, 多賀サービスエリア

名神高速道路にある多賀サービスエリアの下り線には、レストイン多賀という宿泊施設があり、入浴施設としてお風呂・サウナも完備されているというのです。ただ、上り線側からは橋を渡ってしばらく歩かなければならないため、足腰の悪い方には少々不便だといえます。入浴のみの料金は大人:550円、子供:250円、有料でバスタオルの貸し出しもあります。10回の利用で11回分利用できるという回数券も販売されているため、定期的に利用する方にはおすすめでしょう。

まとめ

今やサービスエリアにもさまざまな需要を求められるようになり、サッと浴びられるシャワールームにとどまらず、高速道路を降りずして入場できる入浴施設も増えていることが分かりました。長距離移動の際には、温泉にじっくり浸かるだけでなく、素敵な景色を見ながら宿泊してみるのも良いかもしれませんね。ぜひ、長距離運転の計画をたてる際には、このようなシャワールーム・入浴施設の利用も検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*