車に関わる税金の種類と3つの支払い時期と節税方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自動車は購入するときに大きなお金が必要となるわけですが、購入後も様々な費用が発生します。たとえば、まず燃料代がかかります。自動車だけあっても燃料がなければ走ることができません。自動車によって燃費も大きくことなるので、費用を安く抑えたい方は燃費の良いタイプがおすすめです。また車検やオイル交換、修理費などのメンテナンス費用が必要です。もし事故を起こした場合や故障した場合は大きな失費となります。さらに安心のためにも自動車任意保険にも加入したいものです。これで終わりではありません。自動車には様々な税金がかかるのです。

スポンサーリンク

自動車税・軽自動車税とは?

自動車にかかる税金として、まず自動車税・軽自動車税があります。これは毎年4月1日時点で所有している自動車の所有者に対して発生する税金で、5月中に各市町村から請求が来ます。自動車税の額については、エンジン排気量によって異なり、エンジン排気量が大きくなるごとに税金も高くなる仕組みになっています。したがって安く抑えたい場合は、エンジン排気量に注意する必要があります。

エンジン排気量によって金額が違う

具体的には1000cc以下が29,500円、1000cc超~1500cc以下が34,500円、1500cc超~2000cc以下が39,500円という具合に細かく区分されており、エンジン排気量が大きくなるにつれて高くなっていきますので、エンジン排気量を選ぶときには参考すると良いでしょう。軽自動車税に関しては一律10,800円となっており、軽自動車の税金の安さは際立っていることがわかります。軽自動車の車両代金は最近高くなっていますが、まだまだ税金面では優遇されています。ちなみに、これらの金額は1年分となっています。もし、途中で自動車を売却したり、廃車にしたりする場合は、次の月から3月まで前払いした分が返金されます。

自動車取得税とは?

新車を購入する時に発生する税金といえば消費税です。現在8%がかかりますが、近い将来には10%になる予定です。仮に300万円の新車を購入した場合は30万円もの税金が発生するので、支払いも決して簡単ではありません。新車を購入する時に発生する税金はこれだけではありません。実は、自動車取得税という他の買い物にはない税金が発生するのです。これは別名贅沢税とも呼ばれるもので、自動車は贅沢なものだから、贅沢なものに税金をかけようということですが、この考え自体はもはや古くて通用しなくなってきています。消費税が10%に上がった時点で廃止される予定です。

新車は3%の取得税がかかるが50万円以下の中古車はかからない

今現在の自動車取得税は、新車の車両価格に対して3%が必要です。300万円の自動車であれば9万円ということです。消費税に比べると割安感はありますが、それでも決して安いお金ではありません。ところで、中古車を購入した場合、この自動車取得税はどうなるのかというと、かなり計算が面倒になります。中古車には残価があり、それは古くなるごとに減っていきます。そこで年式ごとに残価率をかけて、自動車取得税を算出することになります。なお50万円以下の場合は必要ありません。

自動車重量税とは?

自賠責保険料と同様に新車を購入するときと、それ以降は車検ごとに発生する税金が自動車重量税です。その名の通り車両重量に対して発生する税金であり、車両重量が0.5トン重くなるごとに税額が増加していきます。たとえば、エコカー現在がなく年式が13年未満の自動車重量税の税額は、車両重量が1,000キロ以下の場合は16,400円で、0.5トン重くなるごとに1,500kg以下が24,600円、2,000kg以下が32,800円、2,500kg以下が41,000円、そして3,000kg以下が49,200円となります。

重量税が増えるのは地球温暖化対策のため

また年式が13年及び18年経過すると税額がアップします。なぜ年式が古くなると自動車重量税が増額されるのかというと、それは年式が古くなると燃費が悪くなり、ガソリンの消費量が増え、地球温暖化の原因となるCO2削減に逆行するとの考えからです。そのため逆に燃費の良いエコカーを所有していると減税の対象となります。減税額は徐々に減らされる傾向がありますが、それでもかなりの優遇減税となり、車両重量の重たいハイブリッドカーの場合でも、減税効果によって自動車重量税の負担感はかなり軽くなります。

エコカー減税はどれくらいお得か

ハイブリッドカーや電気自動車など、一般にエコカーと呼ばれる自動車は、燃費が良いのが特徴です。燃費が良いということはガソリンを多く燃焼させないということから、CO2の削減につながり、地球環境に優しいクルマと考えられています。ガソリン代が高騰する昨今ですので、燃費の良いハイブリッドカーはよく売れているようです。

燃費で比較 売れてるハイブリッド 電気自動車ランキング

エコカーを購入すると燃料代が安くなるだけでなく、エコカー減税と呼ばれる優遇税制措置を受けることができます。これは「自動車取得税」と「自動車重量税」、そして新規登録や届出翌年にかかる「自動車税(環境配慮型税制)」の3つの税金が対象となって減税されます。

エコカー減税に該当するか否かは、「平成27年度燃費基準」や「平成32年度燃費基準」の達成度合いによって決定されます。そのためハイブリッドカーではなくても、燃費の良い自動車であればエコカー減税の対象車となる可能性があります。もし、そうであるならば一体どのくらいお得になるのかについては、自動車ごとにかなり細かく分かれておりますので、それぞれチェックする必要がありますが、メーカーの公式サイトを見ると車種ごとの減税について調べることができます。

車に関わる税金を節税するには

会社では節税対策という言葉を耳にすることも少なくありません。特に、経営者は必死になって節税ができないか税理士さんに相談しながら知恵を絞っていることでしょう。それくらい税負担が重たいということです。

ところで、日常生活でも節税対策を行うことができます。それは自動車です。自動車は理不尽とも思えるほど、あまりにも多くの税がかけられています。だから少しでも諸経費を安くするためには、税金を節税することができないかと考えるのは自然なことでしょう。

車の維持費を抑えるにはエコカーがおすすめ

そこで注目されるのがエコカー減税です。そのためまずすべきことは、購入する自動車がエコカー減税の対象となってる必要があります。ハイブリッドカーや電気自動車は対象になっている可能性が非常に高いのですが、普通のガソリン車でも最近は燃費が優れている自動車が多く、その場合は対象となっている可能性が高いですので、調べてみることをおすすめします。

それぞれのエコカーに適用される減税の割合は、新車購入時にまとめて適用されることが大きいのが特徴です。中古車を購入する場合は、重量税のみしか減税することができません。それでも何もないよりはましで、十分魅力的です。

まとめ

自動車を所有するとガソリン代や修理代、そして各種税の問題など、本当に色々な諸経費が発生します。一度も乗らなくても、持っているだけでお金が発生するのです。税については購入時に発生するもの、車検時に発生するもの、5月に発生するもの、さらにガソリンにも含まれています。そのため購入後の費用についてもしっかり考えていないと、購入してから維持をするのが大変なことになってしまいます。少しでも諸費用を安く抑えるためには、エコカーと呼ばれる環境に優しく燃費の良いクルマを選ぶのも手です。減税が適用され維持費を確実に減らすことができます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*